情報商材+動画


 ケンシロウ(猫:♂)となでこ(猫:♀)とあまぐり(猫:♂)が、ヒトをあやつって更新さすニャーなBlog。
                                        (旧名「世界はニャーでできている。」)

 せかニャ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先日のデザフェスで、試作品を廉価で販売した10種の新作ポストカードフォトグラファーズ・モールで販売開始されました。
こちらで販売するのは試作品ではなくちゃんとした完成品です。通常価格での販売となります。

ポストカード:@200円
2Lプリント:@250円
A4プリント:@3,000円

よろしければお買い求めください。


※注意※
フォトグラファーズ・モールページ内各所に間違いが沢山隠されていますが、じきに修正されるはずです。
中でも一番重要と思われる間違いが、2Lサイズプリントのサイズ表記について。
「2Lサイズ127mm×178mm」と表記されていますが、実際は「約127mm×約190mm」です。(であるはずです)
ご購入前に表記サイズに適合するフレームをお買い求めになっていると、プリントがフレームに入らないという事態になる可能性がございます。
ご注意ください。


2010.05.24 22:13 | 無属性 | トラックバック(-) | コメント(0) |
昨日・本日と、デザフェスVol.31でした。
先にも記事にしたとおり、今回は当「世界はニャーでできている。」としての出展はしませんでした。
知らずにブースを訪れて下さった方もいらっしゃったようで、申し訳ございませんでした。
次回デザフェスVol.32(2010.11.6(土)~7(日))は参加する予定ですので、どうぞご期待ください。
※次回は従来のようにミニブース2連結ではなく、通常ブース1つを使っての出展ですので、場所など従来とは違うかもしれません。

今回はねこだものNeco ideasのコラボ展示ということで、片やドキュメンタリータッチな鋭い作風。
片や牧歌的なのどかな風景と、同じねこ写真でも対照的に近い写真が一同に会したねこねこまみれなブースは、二日間大好評でした。
大勢の方々が訪れる中でも売り子が4名いると、やっぱり色々とスムーズにまわりますね。。
当ブース時には、色々至らない点も多いんだとおもいました。
当サイトが販売委託したポストカードの売上も上々のようで、このまま黒字へ向けて進んでくれれば、ポストカード販売の本分である寄付のほうにもより近づくことができます。ありがとうございました。

さて、デザフェスにおいてもねこ写真ネットワークが広がりつつある今日、次回デザフェスVol.32が楽しみであります。
ねこだもののukiさん、Neco ideasのををつかさんお二人におかれましては、申込みは早めにするが吉です。
さあ、今すぐにでも(笑。

今回は久々に全ブースをみてまわり、今までの鬱憤をはらすがごとく散財しまくり交流しまくりました。大満足です。タコライスとカレー&ナンがうまかったです。
さーて次回デザフェスの準備、今頃からはじめておかないと。。


※今回デザフェスの写真はないので、かわりに自宅でヒマしてたあまぐりの画像をお届けします。
座椅子がケモノの毛だらけ。


2010.05.16 21:59 | 無属性 | トラックバック(-) | コメント(4) |
ひー、ほんと直前になってしまいましたが、今週末2010年5月15日(土)と16日(日)は、東京ビッグサイトでデザフェスVol.31ですよ。
今回は当「世界はニャーでできている。」としては出展いたしませんが、ねこ写真の中のカテゴリ・大分類としては当方と同じものを被写体として撮っていらっしゃる「ねこだもの」のukiさんと「Neco ideas」のををつかさん合同出展としてブースを構えられます。
内容はA3プリントねこ写真の展示(A4プリントファイルも設置・自由閲覧可能)と物販。
物販はねこポストカード販売と、ガチャマシーンによるねこバッジの販売です。
ブース場所はC-544~545。でっかいのぼりが目印です。
大分類としては同じねこ写真ですが、中分類以降俺とは勿論、ukiさんとををつかさんの写真も、それぞれ異なるねこ写真風景。
めくるめくステキなねこねこコラボ空間が広がると思います。俺も楽しみです。
詳細は以下でどうぞ。

デザインフェスタvol.31 ねこだもの x Neco ideas 特設Blog


さて、うちとしての出展はないのですが、このブースでポストカードのみ販売委託します。
総計62種類。
世界はニャーでできている。WEB通販で販売している30種。(各100円)
フォトグラファーズ・モールで販売している、印画紙プリントのハイクオリティ22種。(各200円)
そして以下新作10種は、各100円で販売いたします。













よろしければ是非、ご購入ください。
通販より廉価だったり、当然ですが送料もいらないので是非この機会に。


と、ここでひとつご注意を。
これら新作10種は、今後フォトグラファーズ・モールのラインナップに追加され、通常1枚200円で販売される予定の印画紙プリントハイクオリティポストカードです。(時期未定)
今回デザフェスで販売するのは、今後販売を予定している同デザインの、いわゆる「試作品」であります。
完成版と比べると色合いや画の拡大率などが若干異なります。(遠目に見ると違いがわからない程度の違いですが、当方のこだわった目で見た結果です)
ゆえに今回、1枚100円で販売いたします。よろしくご理解くださいませ。
尚、今販売バージョンは現在庫限りですので、ある意味レアものです(笑。


今週末は天気も良いらしく、お暇でしたら是非いらしてください。
俺も久しぶりのデザフェスビジター参加、大変楽しみです。
まあ、搬入搬出など関わりますので全くのビジターではないのですが。
よろしくおねがいします。


2010.05.12 20:29 | 無属性 | トラックバック(-) | コメント(2) |

「ごぶサターン!おひさしブリーフ!」



「ふるっ!」


まーた長いこと間があいてしまいましたが、なんだか毎日忙しく過ごしております。
きっと時間の使い方が下手なだけなんです。ゲッツ。
あまぐりも上記のように(わかりづらいですが)でかくなりました。
9ヶ月となったあまぐり。体長はなでと見劣りしなくなりました。
体重は・・量ってないので不明ですが、確実に重くなっています。。5kgも近いんじゃないかと思います。



そんな忙しい最中、更新などほっぽってまたなんとなーく田代島とかへ行ったりして。
4月なのに桜はまだ未開花だわ雪は降るわ猫神社はなんか工事中だわで大変でしたが、フェリーは往路復路共に問題なく動いていて助かりました。



島のねこたちにとっては、今が4月だろうと春だろうと関係なく、寒ければ寒い、暑ければ暑いと、自然に逆らわず過ごしていました。



恐らく寒いのと、恐らく身ごもった母ねこが多い時期であることが要因で、通常よりも目にするねこの数は少なかったように思えますが、これもねこたちがいつも通りに過ごしている証拠。
姿見せないねこ達のこともいとおしく、思わず頬が緩みます。



いつもと違ったことというと、「あの」岩合さんに島でお会いしたことくらいでしょうか。
昨年島へ訪れる度にニアミスを繰り返していたのですが、今回初めてお会いしました。
まあ、正確には「お見かけした」という方が正しいですか。
自分がお見かけしたときは、奥様とお二人でねこたちとお話ししながら戯れながら、プライベート感丸出しでふれあいを楽しんでいらっしゃる風でした。
あまりにもその空気が出来上がっていたもので、ジャマしては悪いと思い話しかけることはしませんでした。
大写真家というよりは、普通のねこ大好きなおっちゃんといった感じでしたよ。
本気で撮影に臨むとなったら、また違った空気になるんでしょうけども。そうしたら別の意味で声かけられないかもしれませんね。
もちろん、尊大の写真など撮るはずもなく。勝手に写真撮るなんてもってのほかですからね。
写真撮られるの嫌いな当方ですから、自分がやられて嫌なことはしません。



俺がこの写真撮るために地べたへ座りずーっとねばってるところを、背後からご夫妻にめっちゃ覗き込まれてた感覚はありましたが。。



岩合さんの写真集「ハートのしっぽ」の主役ねこさんにもお会いしました。
この子には今まで何度も顔をあわせていましたが、なるほど、よく見れば見事なハートしっぽです。感動しました。
・・・が、この写真の背後のビニール袋がなんか人の顔っぽく!!



ひー!ハートさんにげてー!


田代島でいつもお世話になっているはま屋さんのサイトが、なんかすごくかっちょよくリニューアルされています。
漁師民宿 はま屋

はま屋さんは勿論、冬季休業から明けたマンガロッジの紹介もあります。
2軒+新たに3軒のねこ型ロッジを増設。
外からロッジ内部を(勝手に)見させてもらいましたが、電気ガス水道に始まり炊飯ジャーまでついた各部屋はとても快適そう。
1室8000円程度~と、大人数で宿泊すればかなり滞在費が安く抑えられます。
一週間くらいねこ写真仲間でねこ撮影合宿、とかやってみたいですなあ。
すみません外観写真は撮りませんでした。。はま屋さんサイトをご参照ください。



これ、島で見たときは意味がわからなくてなんか笑ってしまったのですが(笑、検索してみるとこういうことでした。
田代島みやげ 福招き よだれかけ 販売所

ああ、1つ買っておけばよかった。。次回買おう。
なでに着せたら、地蔵そのものになる気が・・いや、大仏の赤ちゃんか。。



「なんかいった?」

田代島関連というともうひとつ。
田代島グッズの1つとして「にゃん水」なる、500mlペットボトルのミネラルウォーターをつくったそうです。
中身は「南蔵王天然水」という市販されている軟水ミネラルウォーターで、ねこも安心して飲めるようです。



で、このラベルには過去の「田代島にゃんフォトコンテスト」入賞写真が使われていまして、当方入賞作品も使っていただいています。
一般販売開始の話は聞こえてこないのでまだわかりませんが、田代島に行けば購入できる・・ようになるのかな、と想像します。
ウチには一箱送っていただきました。ありがとうございます。ねこどもと一緒に飲みます。



何度訪れても飽きることがない田代島。
それどころか、毎週でも行きたい田代島。
また近いうちに訪れたいと思います。

撮った写真はいつも自宅に帰ってから良不良を分別しているのですが、今回の撮影旅行でもってその蓄積した身分別写真がとうとう10000枚を越えました。。
こりゃあゴールデンウィーク中は引きこもって画像分別だろうか・・・。



さて。
もうすぐゴールデンウィーク。
田代島へは今年も多くのねこ好きさんが訪れると思います。
どうか、心あるねこ好きの方々。島でのマナーは守ってください。
仁斗田港を降り立つとすぐに注意書きがあるはずです。日本語が読めるのなら読んでいただき、理解してください。
今回島へ訪れた際にも、島内を歩き回りそこらじゅうでカリカリをやっている人間の姿を見かけました。
この島のねこたちは飢えてなんかいません。あなた方外部の人間がねこに食べ物を与えることが、一体どんな影響をもたらすのか。
ねこが好きな人であれば、ちょっと考えれば想像するに容易いと思います。
ましてやそこらじゅうに置きエサをして、完食を見届けずほったらかしにするという愚行は、同じねこ好きとして恥ずかしくてたまりません。
ごはん→喜ぶ→うれしい、という短絡的思考で安易に行動せず、先を見通した愛あるコミュニケーションを。
追いかけるのではなく、ねこから寄ってくるのを待ってください。
ひと撫でしてあげれば、喜んで喉をゴロゴロならしてくれます。
寄ってきてくれなくても、そこで生を営むねこさんを見れば、それだけで微笑ましいではありませんか。
この島は、ねこキャバではないんですよ。
それでも尚、どうしてもねこ達にごはんをあげたいというのであれば、毎日決まった時間に決まった場所で、責任をもってごはんをあげにきてください。
ねこ達がごはんを全てたいらげるまでその場から離れないでください。
本当にねこ達のことを思っているのであれば、それくらい容易いことですよね。
昨年のゴールデンウィークは、それはもうひどかったと聞いております。
どうか今年の連休に訪れる人が「良質な」ねこ好きさんでありますように。


※今日よりコメ欄戻してみました。別館も併せて戻ってます。
 即レスは期待しないでください(笑。


2010.04.25 00:52 | 無属性 | トラックバック(-) | コメント(2) |


ねこだもののukiさん、Neco ideasのををつかさんと、同シチュエーション・ほぼ同方向から一斉に狙った写真です。
 人・カメラ・レンズが違うとそれぞれどんなふうに仕上がるのか。
 今夜3人一斉にアップしております。是非見比べてみてください。


さて、2010/5/15(土)~16(日)の二日間開催されるデザインフェスタ。
年二回恒例の出展となっておりますが、実は次回、当「世界はニャーでできている。」としては出展を見送ることとしました。
楽しみにして下さっていた方、もしいらっしゃいましたらすみません。
秋にはたぶん出展しますので、お待ち下さい。

しかし、今デザフェスにおけるねこ写真の灯は消えません。
親交させていただいているねこ写真BlogねこだものNeco ideasがタッグを組み、合同出展されます。


デザインフェスタvol.31 ねこだもの x Neco ideas

お二人のねこ写真プリント展示をはじめ、ポストカード販売などもある予定。
それぞれの作風や詳細は上記デザフェス準備Blog、そしてBlog「ねこだもの」「Neco ideas」をご覧下さい。

ちなみに当「世界はニャーでできている。」の、旧作ポストカード(のみ)の販売も、同ブースでしていただきます。
新作も余裕があったら販売にこぎつけたいと思っております。
当日は当方も、ブース近辺やら会場内外に出没すると思います。お会いできたらお会いしましょう。

以上、よろしくお願いいたします。


2010.03.15 23:03 | 無属性 | トラックバック(-) | コメント(-) |
気が付いたらかなり更新間隔が開き、伝えるべき事柄が伝えられないまま溜まっております。
ちょっと油断するとすぐこれです。いや、日々に忙殺されていたからなんですが。。




■「猫・ねこ・写真展」ありがとうございました

一体いつの話だ、と自分でもツッコミを入れずにはいられないほど放置してしまっておりましたが、盛況のうちに終了いたしました。お越し下さった方々、ありがとうございました。
ちなみに今日から18日くらい前の話です。
今回A1サイズ1枚、A2サイズ4枚計5枚で構成された写真たちの、自分が思い描いたテーマは「愛・模様」だったワケなのですが、テーマやら想いなんてものはご覧になった方それぞれがそれぞれに感じていただければなんでも良いです。皆さんが受け取ったままに感じていただければ幸いです。
聞いた話によりますと、写真を観て涙してくださった方もいらっしゃったとか。
大変光栄な話であり、心に響かせてくださったことを嬉しく思います。ありがとうございました。

今回設置した「じゆうちょう」に、正確な住所氏名を記入して下さった、計2名さまもの方。
後日お礼状を送付させていただきます。
ちょっと大仰なものを突然送付するかもしれません。あ、いや、そんなに期待しないでください。
あと送付が今から三年後とかになっても怒らないで下さい。
よろしくお願いいたします。

「猫・ねこ・写真展」、来年も恐らく同時期に、第二回を開催する予定だとのこと。
そのときはまた是非参加させていただこうと思っております。
次回はもうちょっと小さいサイズのプリントで、と考えております。
電車でA1サイズを運ぶのがすごく大変でした。。






星野俊光写真展 東京湾岸のねこたち

敬愛するHoshinoさんの、キヤノンギャラリー銀座での写真展「星野俊光写真展 東京湾岸のねこたち」。
2010/2/25~3/3(2/28休)の計6日間という日程で開催されました。
当方、結局期間中「皆勤賞(6日で7回」という、ひどい迷惑行為に勤しんでしまったワケであります。
現在の職場が新橋なので、平日は昼休みに足を運べるんですね。
6日間でこの空間がなくなってしまうのであれば、そりゃあ毎日通うでしょう。こんなチャンスは逃すべきではありません。
仕事で疲れた目と心を養生すべく、足繁く通ってしまいました。
毎日ちがう色んな視点でもって観覧しておりましたら、新しい発見があったりして、また日によって感じ方が違ったりもして、大変興味深かったです。そして6日間通っても、全然観たりません。
1日で1時間観ただけとかだと、全然たりないっすよ。毎日訪れてよかった。
最終日ともなると愛着もわいてきてしまい、名残惜しさ満載でせつなくなりました。。

この素晴らしき空間は、このあと福岡と大阪を巡回します。
日程は
・4月1日~4月18日:キヤノンギャラリー福岡
・6月3日~6月9日:キヤノンギャラリー梅田

お近くの方は、この機会をお見逃し無く!






ねこ 岩合光昭写真展 ~この星に、猫がいる幸せ。~

日本橋三越で開催されている、岩合さんのねこ写真展。
B0サイズ以上の大きさからA3サイズ(推定)まで、約250点ものねこ写真が並んでいました。
4つのカテゴリに分けられた写真たちはそれぞれ「ねこ達のかわいさ」「ねこと人との絆」「岩合さんにとってのねこ原点」「田代島のねこたち」が表現・展開されていました。
撮る側目線、自分の感性から観ると、良くも悪くも「職業としてのねこ写真」なんだなあ、と感じます。
同時に会場の超混雑具合と他方の反応をみるに、これが現状多数派であるところの「ねこ写真」なんだなあ、とも感じました。
あんまし深く考えずに、かわいいかわいい言って観るのが正しい観かただと。たまにはこういうのも良いなあと。
入場者の母数が多ければ、中には携帯カメラで作品を撮影したり、観てる目の前に仁王立ちし視界を塞いだり、作品を指で突いてねこ人数を数えたり、人を突き飛ばしたりする残念な愚か者も居たりしましたが、多くの人に支持されるというのはこういったリスクも発生するんだなあと、改めて「大変さ」を思い知りました。(自分にゃ縁のない大変さですが)
反面教師として、ねこ好きとしてどうあるべきか、ということを、日頃振り返って猛省しなければと再確認した良い機会となりました。

ギャラリートークでは岩合さんをものすごい人数が取り囲み、作品を観ることが不可能なほどぎゅうぎゅう詰めな状況下でおこなわれました。
岩合さんが一言話せばウンウンと大きく頷き、ちょっとしたウィットを発すると会場内は笑いにつつまれる。
みんな岩合さんのこと大好きすぎだ、と思いました(笑。

いわゆる「万人受け」に向けた最小公倍数の写真たちの中に、たまにハッとするような毛色の違う写真があったりもして、この辺りに「職業写真家」としての葛藤を垣間見てみたり。(あくまで当方の妄想ですが)
「ネコが幸せになればヒトも幸せになり、地球も幸せになる!」
という岩合さんの思想やねこに対する考え方、想いなど、共感する部分は多々あります。
ねこという存在をちゃんと「認識」してもらう為の入口として機能してくれたら、と願う岩合さんに、共感します。
今回大フィーチャーされた田代島。
どうか今年のGWなどに、田代島で「見境無くねこにエサをやる観光客」の姿がみられませんように。
どうか今年のGWなどに、田代島で「ねこと見れば見境無く追いかける観光客」の姿がみられませんように。
ねこ好きならば、もうちょっと「想像力」をはたらかせて、ねこ達と接していただきたいと、切に願います。




以上、写真展というキーワードの事柄を、
「マタタビパーティーでくるったあまぐり&それを観て嘆くケンシロウ」
「2010年1月末に去勢手術を実施する前の、最後のあまぐりニャンタマ画像」
「今朝の腹筋ボコボコ割れたなで」
画像たちと共にお送りいたしました。
あまぐりが、去勢したのに暴れっぷりがおさまりません。
体重は、4.2kgになりました。


2010.03.14 00:50 | 無属性 | トラックバック(-) | コメント(-) |






星野俊光写真展 東京湾岸のねこたち

本日(もう昨日か)2010年2月25日(木)より銀座キャノンギャラリーにて、敬愛する星野さんの写真展が開催されています。
ちょっと前にも新宿エプサイトでの写真展「光の中で」~東京湾岸のねこたち~を開催されたばかりの星野さんですが、引き続いてのメーカー系ギャラリーでのねこ写真展です。さすが"先駆者"。。。
そしてまた性懲りもなく初日の昼と夜とお邪魔してきた訳です。

前回のエプサイトの展示とは全く別の作品群。全55枚で、東京湾岸ねこたちの姿を描いていらっしゃいます。
あくまで個人的な感覚なのですが、エプサイトの方が「光」が動く、躍動する光の中で描かれるねこの姿を切り取ったものに対し、こちらはねこが動く。
いや単純に動きのある写真だということではなく、なんというか「躍動する命」がそこに見えました。
東京湾岸の中で生きるねこたちの生活感というか、確かにそこに生きる命たちの姿を見ました。また、どう生き抜いているのか、想像力をかき立てられます。
「ほぉあぁ~」とか、声にならないへんな声をあげながら拝見しました。気味悪くてすみません。

5年間、合計20万ショットにも及ぶ東京湾岸ねこ撮影の集大成として臨まれたという今回の写真展。
本当に何度でも観て、心に刻みつけたい情景たちです。
なので、可能な限り毎日おじゃますることに決めました。
昼休み中の短い時間だけだと時間が足りないんです。。。




2010年2月25日(木)~3月3日(水) ※日曜休館
AM10:00~19:00 ※最終日15:00まで

あくまで個人的な感覚ですけど、これは観にこないと後悔すると思いますよ。。
機会をつくって是非!


2010.02.26 01:00 | 無属性 | トラックバック(-) | コメント(-) |
猫・ねこ・写真展

2010年2月11日(木祝)よりはじまりましたねこ写真企画展。
本日17日は休館日をはさみまして、丁度折り返し地点となりました。
先週末は天候の悪い中、多くの方にお越し頂いたと聞いております。
ありがとうございました。
あと残り6日間の日程の中、もしご都合つきましたら、是非いらしてください。
当方今週末、20日(土)に、時間不定ですが在廊するつもりでおります。
実際に展示しているところを観るのはこの日が初めてとなりますので、自分自身楽しみでもあります。
タイミングが合いましたら、是非お声おかけください。



さて、2月11日から14日までの4日間、正確には10日夜から夜行バスでしたので4泊5日とも言えますが、今や数ヶ月に一度のペースで訪れております田代島~網地島へ行っておりました。
11日の石巻港発、一番の便で田代島へ降り立つと、馴染みの顔たちに迎えられ、時間が過ぎるのを忘れ撮影したり、遊んでもらったり、会話したりしておりました。
やがて陽は落ち辺りが暗くなった頃、ちらちらと雪が。
ここは暖かい海流がぶち当たる、東北にしてほとんど雪の降ることがないという土地。
今まで何回、島には訪れたのですかと聞かれたらば、「お前は今までに食べたパンの数をおぼえているのか」と、質問を質問で返してやらんが勢いで、もはや数え切れない渡航数ではありますが(今あらためて思いだしてみると、今回で7回目でした)、雪の降るこの島の姿は初めてです。


あの、積もってますけどだいじょうぶですか


だんだんと強くなる降雪。
気にせずしばらく港界隈をうろうろしていたねこたちも、さすがに限界を感じたのか、足早にテトラポッドのほうへ隠れて行ってしまいこの日の撮影は終了。
ねこが居なくなってしまうと、今まで全く気になっていなかった雪も、途端に辛く感じてしまいます。
頭とかびしょぬれになっているのに、ここで初めて気が付きました。。

宿で英気を養い翌朝。
表へ出てみると



なんじゃこりゃあ


積もっとる。
雪はやんでいましたが、歩けば靴が埋まるくらいに積もっとる。
各家の方々が、こぞって雪かきに出てこなければならないくらいに積もっとりました。
その深さ、7~10cm程度か。雪装備なんかしてきてないよ、っていうか、普通の運動靴しかないよ。

先にも申し上げたとおり、ここでは雪が降ること自体が珍しいこと。
年に数回、あるかないかというくらい。
それに加えてここまでの積雪ともなると、珍しいなんてレベルじゃない。
島のばあちゃん曰く、「ここまで積もったのは、私が小さい頃以来」とのこと。
半世紀以上ぶりかよ。。。
どうやら俺は今回、とんでもない珍しい事態に立ち会っているようです。


港まで送っていただき降り立ちます。
半世紀以上ぶりの積雪。ということは、今ここに生きるねこたち全てにとって、この風景は初体験。
みんなさぞかし驚き、寒さにうち震え、暖かいところから出てこないんだろうなあということは、容易に想像できることでした。













・・・雪とかもう、全く関係ねえ!

そこかしこに、縦横無尽に形成されたねこの足跡たちを目にして、つくづくここのねこ達には常識が通用しないんだなあと感じさせられました。
はま屋のご主人曰く「ここのねこたちは、あたまがおかしい」らしいです(笑)。



雪なんか気にしてたら、魚ゲットできないもんねぇ



でもやっぱ、ちべたいのは苦手らしい




辺り一面、白銀の世界。新雪の白が広がります。
朝から太陽や青空の快晴に照らされ、潮風の作用もあってかみるみるうちにとけてゆく雪。
それを惜しむように、気が付けば7時間以上、歩き回ったり走ったり登山したり這いつくばったり、NO休憩で撮影に没頭しておりました。
でもそんなに疲れを感じることはありませんでした。いかにアドレナリンだだ漏れタイムであったかが窺い知れる自分です。



ねこ神社も雪色に染まっていました。



オモイヨー




ねこの歩いたあとには、ねこの足跡が残るこの環境。
ねこたちの行動範囲や傾向を調査するまたとないチャンス!
オスねこのパトロールコースを知ったり、普段はその存在を窺い知ることができない山に暮らすねこたちの足跡を確認できたりと、大変興味深い時間を過ごしました。
そりゃあもう、苦を忘れて坂道を上り下りもしますよ。



ねこが歩いた跡はとけにくく、最後までのこりやすいのです



もちろん島へ来てのもうひとつの楽しみである食事も堪能しました。


11日夜 田代島 カキフライとか生ガキとかタコとか


同 はま屋さん特製カレー これで失敗作だとか・・十分うまかったです!




12日夜 網地島 三点盛り


同 刺身盛り


同 自家製ベーコン&ソーセージ


同 みそ漬け銀鮭の焼いたの


同 真ガレイの姿揚げ


同 寿司とあら汁


同 何かのババロア


13日朝 網地島 和朝食


いやー、やっぱりいいもんですね、のんびり島でねこ撮影。




網地島に渡っても、2つの集落をほぼ歩いてまわりました。楽しくてしょうがない。
ねこの足跡とばかり思っていたら、実は途中でチワワの足跡だと気づき落胆したり、ぬかるみに足をとられ股が裂けそうになったりと色々ありましたが、残雪も良い感じに写真に作用してくれて、とても楽しい、有意義な旅行となりました。




最後14日の朝には、少しの間だけまたちらちらと雪が舞い散るサービスタイム。
シャッターチャンスをことごとく逃してしまったのが口惜しい。
当初は天候不良も危ぶまれていた今回のスケジュールでしたが、終わってみれば、降雪は夜のうちにおわり、日が出ているうちはほぼ晴天(時々曇り)。
海も、乗船時はほぼ凪状態。酔い止め薬服用のおかげもあってか、全く船酔いもせず。
結果的に色んな意味で、こんなにも天気に恵まれた撮影日程は無かったのではないかと。最高でした。

ねこ達にとって雪は、気にしていない風に見えても確実に過酷なものですので、手放しによろこぶことはできず複雑ではあるのですが、半世紀以上ぶりの積雪に立ち会えたこの機会、ねこ神様が巡り合わせてくれたんだろうなあと感謝感謝です。

もっともそれだけに、自分自身の腕の無さにやきもきしたこともまた事実、ではあるのですが。。。

今回撮影した写真たちは、おいおいどこかでお目にかけると思います。
また訪れたい。明日にでも行きたい。あの子たちに会って、また遊んでもらいたい。
島のねこたちが、いつまでも幸せに暮らしますように。




閑話休題。
帰宅したら、俺の歯ブラシがねこトイレの砂の中に刺さってました。
絶対あまぐりのしわざだよこんちくしょう。。。


2010.02.17 23:15 | 無属性 | トラックバック(-) | コメント(-) |




「光の中で」~東京湾岸のねこたち~

我が敬愛する偉大なる先駆者、星野俊光さんのねこ写真展。本日より新宿エプサイトにて開催されています。
自分も午後からおじゃましてきました。

「光の中で」という題名通り、「光」と「色」を意識した作品たち。
夜に映える人工的な鮮やかな光。
晴天の下の太陽光。
穏やかな日差し。
ほんのりぼんやりとした光。
鮮烈な閃光、燃えるような紅い海、など様々な光が、色が照らし出す、ねこたちの「いきざま」。
期待を裏切らない、まさに圧倒的なねこ写真たちでした。濃い時間を過ごしました。

ただ「かわいい」ねこ写真ではない、光と色とねこがおりなす「ドラマチックなねこ写真」。
「ねこがねこを見ているような視点」と意識して撮影されたとのこと。これを踏まえて観ると、また違った趣があります。
これはもう、女房を質に入れてでも観にいくべきですよ!※入場無料です

会場には当方参加する「猫・ねこ・写真展」のDMも置かせていただいております。
DMの数が少ないので、もうなくなってるかもしれませんが・・ありがたいことです。
「光の中で」~東京湾岸のねこたち~。
今月18日(木)まで開催しています。あ、日曜はお休みなのでご注意を。

また、星野さん他色んな方と色んなお話しができて、居心地が良くてつい長居をしてしまいました。(毎度のことなんですが)
ねこ写真談義は楽しいし、とても有意義です。為になります。ありがとうございました。

今月下旬からは、今度は銀座のキヤノンギャラリーでも展示があります。
こちらも楽しみです。また改めてご紹介したいと思います。





さて、今会場にて、星野さんが参加されているねこ写真家合同Blog「東京猫物語」のメンバー3名による、先日発売となったねこ写真集も販売されています。
会場購入限定の「おまけ」もついてます。
当方も購入し、ひととおり拝見しました。思わず唸ってしまうような、魅力的な情景・表現に感嘆の連続でした。
三者三様の、それぞれが描き出すねこ達の姿。
環境が違えばねこの表情も違う。生きざまも見えてくる。その背景である「東京」の姿も見えてくる。
こちらも決して「かわいい」だけのねこ写真集ではありませんが、自分としては大好きなジャンルです。
写真展会場でなくても、書店やAmazonなどでも購入可能です。
詳しくはこちらでどうぞ。


2010.02.05 22:13 | 無属性 | トラックバック(-) | コメント(-) |
またもやお知らせでございます。




携帯電話の待ち受け画面販売サイト「マチウケル!」にて、しぐ撮影のねこ写真待ち受け画像を販売していただくことになりました。
先日のデザフェスにてお声がけいただいたのをきっかけに、いよいよ本日12/4より販売開始となっております。

この「マチウケル!」さん。
素晴らしいのですよ。
いや何がって、ここで待ち受け画像を購入することが「募金」に直結している、ということなんです。
お支払いいただいた金額の一部が、当方定める募金先におくられる。
「ねこ写真を形にして、ねこ達へ還元」
という当方の思惑と見事に合致し、即決で画像提供を申し出た訳であります。

指定できる募金先は多々あるのですが、その活動に以前より大変感銘を受けております「ARK(NPO法人アニマルレフュージ関西)」さんへ、募金が実施されるよう設定してあります。

現段階で、作成&提供したねこ待ち受け画像は108枚。煩悩と同じ数です。多すぎますかねそうですか。
とりあえず本日公開分が第一弾。
今後一週間ごとを目処に、5~10枚ずつ追加されてゆく見通しであるとのことです。
見たことあるあんな画像や、初めてお目にかける画像。色々ご用意しております。
どうぞご期待ください。

auユーザの方は朗報です。
「マチウケル!」さんは、au公式サイトに登録されておりますので、月額315円でなんと待ち受け画像取り放題。
この機会に、よろしければ是非。
当方含むDocomoユーザや、softbankユーザの方々は、残念ながら今のところ、1枚315円。
支払い方法もVISA、MASTER、JCB、AMEX以上のクレジットカード決済のみ対応だそうです。

当方画像一覧へのアクセス法ですが、まず携帯で「マチウケル!」にアクセスしていただき、
[待受けコンテンツ提供者検索]→[▼サポーターから探す]→[カメラマン]→[しぐ]→[商品一覧を見る]
と踏んでいただくのが良いと思います。

今後も待ち受け画像追加更新の度に、何らかの形でお知らせしたいと思います。
全てのねこ達に、安らぎが訪れますように。その手助けとなりますように。
よろしければどうぞ、よろしくお願いいたします。


「マチウケル!」QRコードはこちら



2009.12.04 20:37 | 無属性 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。