情報商材+動画


 ケンシロウ(猫:♂)となでこ(猫:♀)とあまぐり(猫:♂)が、ヒトをあやつって更新さすニャーなBlog。
                                        (旧名「世界はニャーでできている。」)

 せかニャ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先日デザフェスに出展されていたukiさんををつかさん、そしてアウトドア派な旅人Sinhさんの3名が共同で運営しているねこ写真Blog「Noragraphers.」
このたび声をかけていただき、突発的ゲストとして写真を投稿しております。
よろしければご覧下さい。
※2010年5月27日木曜日 0:07 投稿分です


思い通りにならない中で偶然が重なり、奇跡的な瞬間が訪れる。
そこを逃さず切り取ることができたとき、至上の感激を手にするのです。
自分のねこ撮影はいわば自己満足の連続なのですが、全く同じ奇跡は二度と起こらないし、ねこたちの魅力的な姿をこうして残すことができたと思うと嬉しく、そしてまた次の瞬間を期待してしまうのです。
ねこ写真の魅力のひとつです。

今回の奇跡というのは、
 ・ここでねこたちが遊んでいたこと
 ・路を人が通るたびに、ねこたちは茂みの中に隠れること
 ・水たまりはこの後、20分もしないうちに腐葉土へ染み込みなくなってしまったこと
 ・茂みから出てくるときのポイントが絶妙かつ、しなやかに飛び越える動作であること
 ・奥の方で別のねこがこっちを振り返りみてること(ボケすぎちゃってますが)
 ・そんな時そんな場所に居合わせたこと
といったことが挙げられます。
本当、気が付くと水たまりの水がだいぶ引いていて、時間限定なのによくぞこんな奇跡が重なったもんだと歓喜したものです。

でも結局、どんな瞬間であってもそれは自分にとって、一期一会の「奇跡」なのです。
だから自分は追い続け、ねこ写真を撮り続けるんだとおもいます。



ちなみに今回の別ショット。
シャッターチャンスは何度もあり、いわゆる「茂みからジャンプして出てくるねこフィーバー」状態でした。
そんな奇跡にも感謝。ねこ神様ありがとう。


2010.05.27 23:45 | 無属性 | トラックバック(-) | コメント(4) |

こんばんは!

写真展ではご来訪いただいた上に、記事にして応援までしていただいて本当にありがとうございました!おかげさまで、無事に終了することができました。

水たまりは、なるほどーこの後早くになくなってしまったんですね。まさかここでこう動くとは、なんて瞬間は良くありますが、さすが!です。

2010.06.01 23:53 URL | SONE #- [ 編集 ]

ありがとうございます。
写真展、大盛況のうちに終了されたようで。おめでとうございました!
自分は結局色々ままならず、5.25のあの時だけしか伺えなかったことが残念でなりません。
1h弱で駆け足に観るなんて、自分のスタイルとは真逆なので・・・
6時間くらいかけてじっくり観たかったです。俺個人のためだけに、また展示品公開していただけませんかね!(うそです
SONEさんとは今回、たしか全然まともにお話しできなかったと記憶しております。
また遠くない将来、お会いしたりできればとおもいます。よろしくお願いします。

最近カメラを所持せずにねこたちに会いに行ってなごんだりとかするのですが、そういう時にかぎって素晴らしい瞬間が訪れたりするもんだから、やりきれません。
まあカメラ持ってるときでも油断しまくってて逃すことも多々あるんですが。。
楽しければよし!と思うことにしています。。

2010.06.02 00:59 URL | しぐ #- [ 編集 ]

初めまして。
素晴らしい写真です。

チャンスは準備のできている人のところにやってくる。そう実感する写真です。

私もこんな写真を撮ってみたい。

2010.06.05 08:31 URL | doumawari #r92JJ1o6 [ 編集 ]

ありがとうございます。
その時のねこたちの魅力を最大限に引き出そうとするのですが、どうしても興奮と焦りで冷静に空間を把握することができず、後から「あーしていれば、こーしていれば・・」と後悔することもしばしばあります。
常に120%のパフォーマンスを出せるような準備ができているようになりたいですが、そうなるともはやプロですよね、ムリですね(笑。

2010.06.06 00:06 URL | しぐ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。