情報商材+動画


 ケンシロウ(猫:♂)となでこ(猫:♀)とあまぐり(猫:♂)が、ヒトをあやつって更新さすニャーなBlog。
                                        (旧名「世界はニャーでできている。」)

 せかニャ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
120411-001.jpg
また会えたね

昨年1月に訪れてから実に15ヶ月ぶり。
あの3月から気を揉み続けて13ヶ月目にして、ようやく念願だった田代島上陸を果たすことができました。

2011年6月に網地島へは訪れることができていたのですが、当時田代島ではまだ水道が復旧しておらず、いくら自己責任とはいえ外部の人間が上陸することははばかられ、泣く泣く通過したという経緯があります。

120411-002.jpg
撮影:2012年6月6日

船上から見た仁斗田の番屋あたりには、当時重機がまだなかったため大きな瓦礫が撤去できないまま残されていましたが、島民の皆さんは活気を取り戻していたように思え安心させられたことを覚えています。

今番屋前あたりには、島内の瓦礫が一挙に集められ山積みになっています。
船を降りて最初に出会ったねこさんは、そんな瓦礫の側で過ごすお腹の大きな子でした。
もうすぐ、また新しい命が生まれ出ることでしょう。
母子ともに、どうか無事に。


120411-003.jpg
普段の光景

更に歩を進めると、見慣れたいつもの光景に出会いました。
比較的若そうに見えるねこたち。みんな元気いっぱいです。

120411-004.jpg
おかーにゃん!(手前)

震災後、はじめて無事な姿が確認できたのは、このおかーにゃんでした。
激動の経験を乗り越えたおかーにゃん。若いねこたちに囲まれて、前よりも落ち着いた雰囲気に感じました。

120411-005.jpg
ふっさふさねこの比率が高い


120411-006.jpg
港からすぐに絶壁の山があり、岩肌は以前から落石の危険がありました。
飛び散り防止のための金網が張ってあったのですが、その岩肌を駆け上がるロッククライミングがここいらのねこたちに大流行しているようでした。

120411-007.jpg
競うように高いところへと・・・
万が一足をすべらせても、金網にしがみつけば落下は免れるからか、みんな大胆に上を目指します。

120411-008.jpg
4ねこによるグランドクロス!

120411-009.jpg
・・・からのフォーメーションチェンジ!

120411-010.jpg
4ねこちょくれつ・・・!

120411-011.jpg
・・ちょ!じゃっかんズレているのニャ!

120411-012.jpg
びちょうせい!よしかんせいニャ!!

120411-013.jpg
ひとしきり遊んで飽きたらみんな降りてきます。ハラハラするっちゅーに!

120411-014.jpg
そんな光景を、おかーにゃんは目を細めて見守っています。


120411-015.jpg
「こんちくしょー!」「ぎゃー!」

120411-016.jpg
にらみあって・・・

120411-017.jpg
・・・ファイッ!

120411-018.jpg
元気なこどもたちの姿を、おかーにゃんは暖かく見守っています。
元気に日常を過ごしていますね。よかった。


120411-019.jpg
島の人の日常の一環である番屋。現在修繕に力を注いでいらっしゃいます。
今後数年でまた牡蠣が復活するには、今や基礎だけとなってしまった牡蠣剥き小屋も再建が必須でしょう。
徐々に、しかし着実に、震災前の姿に近づいていると肌で感じることができました。


120411-020.jpg
暴風雨後であり、当日風も強かったことから漁がなかったからかもしれませんが、この日港は閑散としていました。
1mくらいの地盤沈下により、夕方の満潮時には多くの部分が冠水してしまう港。
特に満月近かったこの日、それは顕著にあらわれますが、この朝の時間、すっきり静かな港に、一抹の寂しさを禁じえませんでした。
定期船の発着所近辺のかさ上げ工事は比較的容易ですが、作業場を含めた漁港のかさあげとなると一筋縄ではいかないのだと思います。
漁具も置きっぱなしにはできないし、何より船も減ってしまった現状、不便は当分続くでしょうが、また以前の姿が戻ることを願わずにはいられません。


120411-021.jpg
あっ!

モサモサさんだー!!

なんかすごい荒々しい風貌に!男前!ワイルドキャット!

120411-022.jpg
撮影:2011年1月8日
まだ可愛らしかった頃のモサモサさん。(ツメが食い込んで痛い)

120411-023.jpg
暴風雨を乗り越えた後だからか、えらい貫禄がついていました。こんな姿で体毛のメンテナンス中。

120411-024.jpg
もうすぐ抜け毛の季節。ワイルドな毛並みはリセットされるのでしょうか。
人懐っこい性格はそのままかなーと近づいていったらば、こっちには目もくれずにグルグルいいながら女の子を追いかけていました・・・。うわあなんかショック!すっかりオスじゃねえか!

120411-025.jpg
この子の子供も、近いうちに見られるかもしれませんね。
・・・いや、もういるのか?
2011年1月の時点でもう普通に大きかったからなあ。1.5歳以上ではあると思います。
ここいらのボス候補、かな。


そうそう。すっかりすっきりしてしまった仁斗田の港に、新しい建造物が!

120411-026.jpg
夢のニュータウン!ねこハウス!
防災小屋か何かがあった基礎部分を利用して、しっかりとつくられたねこハウス。
海からの風が吹き込まないように入り口の向きが考慮されています。

120411-027.jpg
誰がどう見てもねこの家

ここら近辺に3軒見つけられました。Iさんの手作りだとのことです。
ねこたちも気に入って入っていました。嬉しくなっちゃいますね。優しい配慮に感謝。

120411-028.jpg
かいてきですのニャ!

是非渡辺篤史に探訪していただきたい。


明日もまた、更に田代島です。
内陸をせめて行きますよ。


2012.04.11 23:54 | 田代島/網地島 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。