情報商材+動画


 ケンシロウ(猫:♂)となでこ(猫:♀)とあまぐり(猫:♂)が、ヒトをあやつって更新さすニャーなBlog。
                                        (旧名「世界はニャーでできている。」)

 せかニャ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
120410-001.jpg
はい。
先の更新でも明記しておりますとおり「貧乏暇なし」状態として多忙な日々をセルフプロデュースしておった訳でございますが、さすがに息切れしてきたのでここらでペースを落としますよと。

で、2012/4/5(木)~8(日)まで、念願の田代島/網地島方面へ行ってきた訳ですよ。
大型連休に向けて、皆様の予定の助けになれば良いなあと、報告と誘致を兼ねた連載を提供申し上げます。
予定では今日から2012/4/15(日)までの毎日1記事、6日間の短期集中連載を予定しており、交通手段や宿泊施設などの詳細案内については最終日の2012/4/15(日)の記事にて記載いたします。予定です。

2011年11月1日11時1分に「観光再開宣言」をしていた石巻。
あの日から一年以上が経過した今、復興だがんばれだの言葉をかけるよりも、お金を落として地域経済の活性化に貢献しつつ自らも楽しむという形のほうがお互い良くね?って思う訳なのですよ個人的には。


さて、仙台を出発点と考えたときにまず石巻へ到達する経路についていくつかございますが、今回オススメするのは仙石線を使ったルート。
仙石線は2012年4月現在、高城町~陸前小野間が依然不通となっており、この区間はJRの代行バスが運行しています。
仙台~石巻のJR切符を購入していれば代行バスには勿論無料で乗車できる訳ですが、どうせならバスに乗り換える松島で降りてみたらどうだろうか、というご提案です。
当方興味ありませんが日本三景のひとつ、松島のの島々をめぐる松島クルーズなどは、既に以前の人気を取り戻しつつある主要観光のひとつですし、マリンピアという水族館もあります。
ねこの姿も(注意深く探せば)結構見つかるものですよ。

ということで、仙台→松島海岸駅で下車して発見した松島第一ねこのヒト。

120410-002.jpg
ごろん

120410-003.jpg
しろとくろ

他にもたくさんのねこたちと出会うことができましたが、なんだかみんな警戒心旺盛な感じ・・・まあそれだけ危機管理能力に優れているということなので安心できますね。

駅からほど近い「瑞巌寺」。
山門をくぐったすぐ左側にある案内所にしろねこさんの姿が。

120410-004.jpg
なにみてんのニャ

120410-005.jpg
名前を「シロちゃん」といい、この案内所で長年お世話されている子です。
実は数年前に訪れた際にはどっかへ行ってて会えなかったのですが、今回会うことが叶いました。

120410-006.jpg
どうしても目をあわせてくれない

15年以上前に瑞巌寺敷地内で保護され、以来ずっとここでまねきねこをしているシロちゃん。
齢20歳近いのですが、とってもアクティブ。

しかしすぐに案内所の中でストーブにあたるシロちゃん。
このまま寝入ってしまいました。

120410-007.jpg
背中で語る

エサ代のカンパを募集しているので、賽銭代わりに入金すると良いことある、か、も?


瑞巌寺に隣接した「洗心庵」で甘味など。

120410-008.jpg
ずんだー!

120410-009.jpg
ずんだあぁぁ!

ずんだもち500円。ずんだクリームでも、ずんだ餡でもない本当のずんだ。
甘みの後すぐにさわやかな爽味がひろがる。これが、これがちゃんとしたずんだもちなのか!初めて食べましたよこんなのうまい!
東京→仙台間の夜行バス疲れも多少吹き飛ぶ、良い糖分でした。

120410-010.jpg
歩いていると、牡蠣カレーパンなんてものもあったよ。


松島さかな市場という魅惑の場所もあります。
新鮮な魚介類から加工品、食事などを楽しめます。牡蠣食べ放題なんかもあるみたいですよ。
ここで俺が買ったのは!


120410-011.jpg
すし(飴)


120410-012.jpg
松島かきバーガーストラップ(シュール)


色 物 で す ね


ちなみにすし飴の海苔に見える部分は、間違いなく海苔でした。


そんなこんなで松島を堪能したらば、松島海岸駅に戻って代行バスに乗ります。
※松島海岸~石巻までのJR乗車券を駅で買います。

120410-013.jpg
夜行のアレでさんざん苦しんだ後なのでバスはもううんざりなんだぜ!

バスは現在不通となっている仙石線の線路を並走する箇所が多くあり、津波でひっぺがされて途切れたレールや、駅(恐らく東名駅)のホームであったと思われるコンクリートの台地など、車窓の光景を眺めていると、想う部分が多々ありました。
仙石線は、2015年度中に全線復旧(一部ルート変更)の予定とのことです。

バスは矢本駅に到着し、再び仙石線に乗車。
120410-014.jpg

変電所が被害を受けたため、陸前小野~石巻間はキハ110系の気動車が運行しています。
乗り鉄にはたまらないであろうと想像する駆動音や振動が旅路を彩ります。

120410-015.jpg
石巻駅に到着。
撮り鉄にはたまらないであろうと想像する状況。


実は2011年6月上旬に一度石巻に訪れていたのですが、あれから10ヶ月が経過した今、最初に気づいたことは「腐臭のなさ」でした。
観光再開宣言をしたくらいだから当然といえば当然なのですが、これだけでもう着実に歩み始めているんだなあと実感したわけでございます。

120410-016.jpg
撮影:2011年6月4日

120410-017.jpg
撮影:2011年6月4日

10ヶ月前。瓦礫はまだまだ山積し、一部液状化で水浸しとなっていた道路。

120410-018.jpg
交通整備のために終始警察官の方が立っていた交差点にも、今や信号機が設置されています。

120410-019.jpg
旧北上川を左手に、自由の女神らしき建造物を横目に見ながら歩いてゆくと

120410-020.jpg
新しくもなつかしいあの光景が

2011年3月11日の震災発生からそう日も経たないうちに運行を再開した、石巻~田代島~網地島~鮎川を結ぶ網地島ライン。
島の重要なライフラインである航路を、一刻も早い復旧で運行していましたが、従来の事務所および船着場は、津波被害と地盤沈下によって使えなくなっていました。

120410-021.jpg
撮影:2011年6月4日

ここから3.5kmほど離れた石巻港に臨時発着所を構え運行してきました。
事務所および待合所は、コンテナハウスを利用していました。

120410-022.jpg
撮影:2011年6月4日

それが2011年末、ようやく元の発着所に戻ることができたのです。
港のかさ上げ工事も完了しており、むしろ前よりも発着所っぽくなっています。

120410-023.jpg

看板も新たに、再出発。
心待ちにしていました。

あとはここに、あのねこたちの姿が戻ればどんなにいいことか・・・。


ここからしばしの船酔いタイム。
どんな寒風が吹きつけようと、波しぶきが降りかかろうと、甲板の後ろでじっと音楽を聴きながら耐えるのです。

今日はここまで。
明日は田代島ですよ。


2012.04.10 23:55 | 田代島/網地島 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。