情報商材+動画


 ケンシロウ(猫:♂)となでこ(猫:♀)とあまぐり(猫:♂)が、ヒトをあやつって更新さすニャーなBlog。
                                        (旧名「世界はニャーでできている。」)

 せかニャ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
※リンクしてくださる方。当Blogはリンクフリーです。
地震情報をリンクの際には、こちらにリンクして頂ければ、スコープが地震関連のみに限定されるので良いと思います。
カテゴリ:東北関東大震災 http://syggnya.blog26.fc2.com/blog-category-19.html

※情報をご覧になる方へ※
一度公開した情報も、後日訂正が入ることがあります。過去記事においてそれを修正することはありませんので、必ず最新情報をご確認いただけますよう、よろしくお願いいたします。


参考:
【朗報】田代島のねこ安否情報
【朗報】田代島のねこ安否情報~第2報
【朗報】田代島のねこ安否情報~第3報

本日も田代島のねこ安否情報をお届けすることができます。
昨日に引き続き、島内より写真をいただきました。
この方は、島より依頼され現地で支援活動をされていた方です。
ありがとうございます。
活動をされていたこと。情報をいただいたこと。感謝いたします。


まず、濱さんが番屋ねこたちにごはんをあげている場面です。

110407-001.jpg

2011/4/6の撮影です。
ねこたちも、そして濱さんも、お元気そうでなによりです。
モサモサさん含め5にんの姿が確認できます。
手持ちの写真を見比べて、今回はそれぞれの個体について適合するものを見つけられませんでしたが、みんなごはんをもらって安心ですね。


次の写真は、新たな無事確認となる検証が可能となるものでした。
恐らくですが、この子だと思います。
検証と共にご覧下さい。

110407-003.jpg
↑2011/1/8撮影のこのヒト(右)と

110407-002.jpg
↑2011/4/7撮影のこのヒト(右)

額あたりの模様と、見えづらいが鼻下のチョビひげ。
似てますね。左前足の模様も似てる気がします。
9割がた、このヒトで間違いないかと思います。
モサモサさんも目つきがしっかりしていて安心しました。


島にとって、ねこたちの姿はまさに「日常」。
いちはやく日常に戻ったねこたちの姿を見て、島民の方も安心されたのではないでしょうか。
ねこたちも生きようとしている。自分たちも、たくましく生きなくては。と。
復興まで、そしてこの先ずっと、こうして支えあって過ごしていってほしいです。


2011.04.07 23:18 | 東北関東大震災 | トラックバック(-) | コメント(5) |

島民の方々と、ニャン達は、昔から
支え合ってきましたものね!
今回も、支え合って、頑張って復興して
欲しいと思います!

ちょっと前に、大きな地震がありました!
心配ですねー(><)

2011.04.08 00:37 URL | kaz@amigo #udg4x/Zk [ 編集 ]

はい 揺れましたね。

島が受けた被害は、大変だったようですね・・・。
島の風景や海や港は変わってしまったけれど
島の空も風も島の人々もそして猫たちも
今までと変わらない生活をされているようで
なんだか不思議な気持ちです。

島の人達と猫たちは、その大変な生活の中
復興へとゆっくり歩いているのでしょう。
そんな皆さんと猫たちの歩みを静かに見守りたいです。
復興途中の生活が人間の力で
押しつぶされないよう祈るばかりです。

まだ安否のわからない子たちもいますが
石田さんの書かれた記事に感謝です。
提供された写真に感謝です。
しぐさん 情報発信お疲れ様です。

そして生きていてくれた猫たち、あっぱれです!

2011.04.08 08:27 URL | じゃじゃまる #- [ 編集 ]

更新ご苦労様です。
猫たちの様子をみるとほっとしますが、島に入られた方が、浜辺の猫は減っていたとおっしゃっていたことがちょっと心配です。

2011.04.09 10:36 URL | tok0818 #rhKk3AR. [ 編集 ]

また新たにチョビ髭さんの無事が確認出来て嬉しいです。
本当に管理人さんには感謝しています。

減っていた、というのは
たまたまその時間、食事時ではなかったので
視界に入ったねこさんの数が少なかった。
同時に津波の時に山などへ逃げた後、
「今は港へ行っても漁をしてないから食べ物がない」と思い、戻って来ないのでは?
それから津波で自分の匂いが港周辺から消えてしまったというのもあるかもしれません。

2011.04.09 13:21 URL | やよ猫 #6xYj1vVo [ 編集 ]

>kaz@amigoさん
余震のほうが、体感としての揺れは大きかったようです。
ねこたちもまた、さぞやビックリしたことでしょう。
でも地震自体には強い島なので大丈夫です。
津波がなくて本当によかった。。

>じゃじゃまるさん
本当に比べることではないですが、石巻の惨状を映像で観たときの絶望感・焦燥感に比べれば、まだ軽かったのだと思います。
復興まで耐えようとしている人の邪魔をするのはよくないですね。
島の力になりたいと思うことは悪くはないですが、それが望まれたものでないとしたら迷惑となってしまいます。
想像力と配慮と思いやりが必要ですね。
復興まで尽力したいと思っています。

>tok0818さん
ゴールデンウィークに観光客が大挙として押し寄せてきたとき、ねこたちはビックリして大半が隠れて出てこない状態になったといいます。
その後安心して出揃うのに半月以上かかったと聞いています。
突然の環境の変化に、ねこたちの心も変わってくるのです。
「減っていた」と考えるよりも「見かけなくなった」のだと考えたいです。
自分は、ねこたち全員が無事であることを「信じて」おります。

>やよ猫さん
漁ができない状況ゆえ、港をうろついてもねこたちにとって何のうまみもないですからね。
結局は自分が島へ訪れ、実際確認してみないことには何も納得ができないのでしょうが、今ある情報からひとつひとつ希望の数を数えて喜ぶことで、島への想いを募らせたいです。
山林に入って野性化してたら・・まあ、それはそれで(笑。

2011.04.10 02:00 URL | しぐ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。