情報商材+動画


 ケンシロウ(猫:♂)となでこ(猫:♀)とあまぐり(猫:♂)が、ヒトをあやつって更新さすニャーなBlog。
                                        (旧名「世界はニャーでできている。」)

 せかニャ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
※リンクしてくださる方。当Blogはリンクフリーです。
地震情報をリンクの際には、こちらにリンクして頂ければ、スコープが地震関連のみに限定されるので良いと思います。
カテゴリ:東北関東大震災 http://syggnya.blog26.fc2.com/blog-category-19.html

※情報をご覧になる方へ※
一度公開した情報も、後日訂正が入ることがあります。過去記事においてそれを修正することはありませんので、必ず最新情報をご確認いただけますよう、よろしくお願いいたします。



先日mixiのコミュにて、被災後の田代島のねこたちの写真が掲載されたとお伝えしました。
参考:【朗報】田代島のねこ安否情報

この写真をアップされた方は「Response」という自動車系WEBニュースサイトの記者の方であり、震災取材の一環として3/31に島へ行かれました。
ねこたちの様子も取材。その記事が多くの写真と共に、本日より公開されています。
(こちらはアカウントなど必要なく、どなたでもご覧いただけます)

Response - 【東日本大震災】石巻湾田代島、猫は生き延びていた




うわあああ!

あのねこ、このねこ。しっかりと個体識別が可能な写真の掲載があります。
特に倒壊した番屋周辺にいたねこたちが、もともとここをナワバリとしていたねこたちであることがハッキリ判明しました。
津波の高さ10mとも言われるこの田代島沿岸部にて、ここを根城にしていたねこたちの無事の知らせはかなり期待と希望の持てる情報です。

さて、被災後の番屋周辺にいるねこたちについて、個体検証してみましょう。


[ヒトリめ]
110402-001.jpg
↑2010/6撮影のおかーにゃん(左)と、
2011/3/31撮影のおかーにゃん

約10ヶ月の歳月経過と、冬を乗り越えた毛皮があるぶんフォルムが丸くなっていますが、顔面の柄は完全に一致!
99.99%、この子に間違いないと判断します!
倒壊した建物(牡蠣小屋?)の中で、どっかと居座るおもち。
「しんぱいすんなニャ!」とでも言っているかのような、なんともたくましい、安心する写真です。


[フタリめ]
110404-001.jpg
↑2011/1撮影のモサモサさんと、
2011/3/31撮影のモサモサさん

こちらもほぼ、間違いないですね。
近影の写真のほうでは、恐らくごはん中でしょうかね?


[サンニンめ]
→番屋周辺にいたというこのヒトについては、自分が所持している2010年以降に撮影した田代島ねこ写真の中に、同じような構図で撮られたものがなく、合致するものはありませんでした。


他にも、H山さん宅前に集う、表一さんやハートのしっぽのヒトたちの姿が見え、H山さんにごはんをもらっています。
(ハートのしっぽのヒトは、発情期特有のねこ同士の争いで若干の怪我があるようですが、地震や津波による負傷はないとのことです)


やっぱり先の検証は正しかったと思われます。
とにかく嬉しくて手が震えるので、うまく文字がうてません。
帰宅し若干落ち着き、ようやっと更新しております。

そして本文をよく読んでいただきたい。
当Blogでも再三呼びかけておりますが、この記事においても以下のとおり記述があります。

<以下引用>
猫たちを心配するあまり、早期の訪問を望む人も多いようだが、現在も余震が頻繁に発生していることや、津波が再び起きて島が孤立状態になった場合には住民の分しか備蓄食料が無いことから、島では「関係者以外の来島自粛」を呼びかけている。
</以上引用おわり>

勝手な渡島はせず、迷惑かけることなく、自分たちのできることで支援をしましょう。

「Response」では、今後数回にわたり、島民の方の被災体験談含む数本の記事を掲載してゆくそうです。
注目してゆきましょう。


それにしても朗報すぎる。
また一段階、気持ちが楽になる知らせでした。

もっとも島では1名の方が依然行方不明ですし、他のねこたちの安否も心配。
本土の被災状況はひどく、重く受け止めなければならない事実が山積している。
現在も不自由で苦しい被災生活を送られている方も沢山いて、故郷の行く末を案じながら、他の地へ移らなければならない方もいて。
自宅に愛する動物たちを残して避難しなければならなかった状況で、今、日々を泣く泣く過ごしている方もいる。
すべての状況を鑑みるに、決して喜んでばかりはいられないことには容易に気づきますが、でも。
ようやく見えた光。見知る存在が健在であったという事実がわかったときくらい、浮かれさせていただきたい。
こんな状況だからこそ、喜ばしいところではしっかり喜ばせていただきたい。
悲しみの数を数えるばかりではなく、希望の数を数えてゆきたい・・って、誰かが言ってましたが。まさにそう。

よかった。
本当に、よかった。
まだ確認されぬ存在たちについても、無事であることを祈ります。。


2011.04.04 16:07 | 東北関東大震災 | トラックバック(-) | コメント(9) |

うわぁぁぁ!!

2011.04.04 18:02 URL | じゃじゃまる #- [ 編集 ]

わーい!わーい!わーい!
もさもささん!元気だニャー!
う、う、うれしいー♪
顔を観に行くまで、どうか元気でニャ!

2011.04.04 19:27 URL | kaz@amigo #udg4x/Zk [ 編集 ]

はじめまして。
田代島には昨年、訪れています。
震災直後から毎日、数回こちらにお邪魔させて頂いていました。
いつも様々な情報をありがとうございます。
港付近の猫の無事が確認出来て嬉しいです。
もさもさ猫さんも、白黒猫さんも
写真を撮影しています。
(白黒さんの方は撫でている写真があります)
これからも毎日、来訪させてください。
本当に嬉しいです。

2011.04.04 20:08 URL | やよ猫 #6xYj1vVo [ 編集 ]

いや~本当に良かったですね。情報をいつもありがとうございます。さすがねこの神様がいる島ですね!!!しぐさんのうれしくて手が震えるってのも良くわかります。涙が出ました。本当にありがとうございます。

2011.04.04 21:10 URL | いつか田代島 #uN3EaG/6 [ 編集 ]

2月の寒い日に会ったあの子もこの子も写ってます!贅沢を言わしてもらうともっともっと知りたい…
生きている きっと逞しく生きてると…思い 信じてます 奇跡の田代島猫… ミラクルだ!!

2011.04.05 21:50 URL | ふのり #- [ 編集 ]

>じゃじゃまるさん
うひょおぉぉ!!

>kaz@amigoさん
多少白色がくすんでいるようみも見えますが、健在で本当によかったです。
また足をがしがしよじ登られたいです。(次会うときは重くてムリな気もしますが)

>やよ猫さん
本当によかったです。
番屋ねこ、一時はもうみんな・・と考え、睡眠も浅い時期がありました。
くろしろおかーにゃんは、愛嬌があって人懐っこくて、ほんといとおしいです。
港付近のねこたちの中には、街周辺にも出没するものもいます。
どうかこの時間、港ではない他の場所にいて、津波から逃れていることを祈ります。。
これからは毎日更新は約束できませんが、伝えたい情報が入りましたら可能な限り迅速に更新してゆきます。
これが自らができる支援のひとつであると信じております。
よろしくお願いいたします。

>いつか田代島さん
地盤が強く地震に強い。流体力学的に津波もそこまで被害をおよぼさない。これらはきっと、ねこ神様のご加護で

あると信じたいですね。
隣の網地島では、ねこを世話している方ご夫婦が健在で、漁に使っている船も無傷だそうで。周囲の人から「ねこ

を大切にしてきたからだね」って言われているようです。
ほんとよかった。できればみんな、無事であってほしいところです。。

>ふのりさん
いろんな子が写っていますね。みんな元気そうでよかった。H山さんも、変わらずねこたちにごはんをあげられてい

るようでよかった。
この記者さんは日帰り取材で、一日一往復しかないフェリーの時間にあわせ、必然的に取材時間は僅少にならざる

をえませんでした。
恐らくAM10:30頃~12:00頃の1.5時間くらいしか実働時間がない中、島の様子・島民へのインタビュー、そしてねこ

たちの様子を取材されたため、かなり忙しかったと想像します。
また、この時間帯はあまりねこたちが表に出てこないゆえ、目撃したねこたちの姿も通常より少なかったのでは、

と想像します。
きっと、もっとたくさんのねこたちが健在ですよ。信じましょう。

2011.04.06 16:56 URL | しぐ #- [ 編集 ]

詳しい情報をありがとうございました!
母と二人で地震直後から、田代島の島民や猫が心配で夜もろくに眠れない状態だったので、こちらのブログのおかげで精神的にいくらか助かりました‼
猫が大好きなので、ぜひこれからも更新待ってます‼
ありがとうございました!
(つ∀`).+°o*。.

2011.04.06 17:56 URL | ナオミン #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.04.07 02:34  | # [ 編集 ]

>ナオミンさん
自分も心配で夜もろくに眠れない状態でしたが、徐々に無事が確認されるごとに楽になってゆきました。
被災地の方はもっと、命に関わる部分のレベルで眠れぬ日々を強要されていると思うとこれくらい・・と想いますが、やはり精神的な辛さも辛いですからね。。
いくらかお役に立てたようであれば幸いです。ありがとうございます。

>鍵コメさん
ありがとうございます。
色んなネットニュースでも掲載されていますね。
信憑性や説得力の面もあり、情報の広がり方がハンパないですね。
広く伝わればよいと思います。

2011.04.10 01:59 URL | しぐ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。