情報商材+動画


 ケンシロウ(猫:♂)となでこ(猫:♀)とあまぐり(猫:♂)が、ヒトをあやつって更新さすニャーなBlog。
                                        (旧名「世界はニャーでできている。」)

 せかニャ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
※リンクしてくださる方。当Blogはリンクフリーです。
地震情報をリンクの際には、こちらにリンクして頂ければ、スコープが地震関連のみに限定されるので良いと思います。
カテゴリ:東北関東大震災 http://syggnya.blog26.fc2.com/blog-category-19.html

※情報をご覧になる方へ※
一度公開した情報も、後日訂正が入ることがあります。過去記事においてそれを修正することはありませんので、必ず最新情報をご確認いただけますよう、よろしくお願いいたします。



待ちに待った朗報です。
希望の持てる情報です。

田代島の仁斗田港、大網番屋の牡蠣小屋が全壊、流されるという被害状況から安否が心配であった「番屋付近のねこたち」に関して、嬉しい情報が入って参りました。

最近お仕事で田代島へ入られた方が、ねこたちの姿を確認し、撮影してこられました。
その画像が現在9枚ほど、mixiの田代島コミュ(要mixiアカウント)にアップされています。

番屋・丘・街にいるねこたちの画像がアップされています。
まず何より番屋。
当方見る限りですと、のべ3にん・個体数2にんのねこの姿を確認しました。
そして写っているのはそれぞれ、この子たちじゃないかなと判断しました。

[ヒトリめ]
※下記3画像は、私しぐが震災前に撮影したものです。あくまで検証用の画像として掲載しております。
110402-001.jpg
110402-002.jpg
110402-003.jpg
見た瞬間、ああこの子だ!と自分は確信しました。
番屋のおかあさんねこーズのうちのヒトリのひとです。
アップされている画像と、できるだけ同じような角度から撮った写真を検証用にアップしてみました。
いかがでしょうか。完全に一致しませんか?


[フタリめ]
※下記3画像は、私しぐが震災前に撮影したものです。あくまで検証用の画像として掲載しております。
110330-002.jpg
110319-002.jpg
110402-004.jpg
アップされている画像に写る姿が小さく、ほとんど背中~尻しか見えていないのでなかなか判断しづらいのですが、白地にグレーのブチであることと、ブチの位置。そして結構毛が多そうな感じに見受けられた印象があり、この子かなーと判断しました。


どちらも100%の確証はありませんし、確かに個人的な希望的観測も入っておりますが、健在な番屋ねこが存在した!という有力な証拠となりうるはず、と期待します。


街や山のねこたちの安否についてはさほど心配はしておりませんでしたが、阿部ツ商店のまわりでのんびり過ごすねこたちの姿や、(いつものチャーハンではないにしろ)ごはんをあげているH山さんの姿を写真で確認すると、安心もひとしおでございます。

一番安否が心配された番屋ねこの中で、無事(であろう姿)を確認ができたということ。
これは他のねこたちの安否について、かなり希望の持てる材料ではないでしょうか。

ねこたちにフードをあげている姿を確認できたということ。
これは、この事態においても「島民の方がねこたちのことを気にかけてくれている」そして「ねこ用フードが島に届いている」という両側面から、ねこたちの現状に対し、安心のできる材料ではないでしょうか。


各所で申し上げておりますが、現在田代島は外部からの来訪者に対する対応やケアができる状況にありません。
物理的にも、精神的にも、今はまだ無理なのです。
一日一往復、石巻と島をむすぶ船は就航していますが、これは「島民のため」「物資輸送のため」「島民関係者のため」および「各種プロのため」に動いているものと意識し、我々には「邪魔をしない配慮」が必要であると確信します。
たとえボランティア精神でもって訪れたところで、島が求めないうちは迷惑になるだけです。
どうか賢明な皆様におかれましては、早まった行動をなされませんよう、お願い申し上げます。

現在島内からの要望などをヒアリングしております。
これから大勢の方の支援なくしては、島の安心と復興はなしえません。
当面は、物資供給が一番有効的かつ合理的な支援方法と考えます。
準備が整い次第、こちらにて内容を公開いたしますので、どうかご協力ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。

■田代島 / 網地島への物資支援について http://syggnya.blog26.fc2.com/blog-entry-122.html#more


2011.04.02 16:51 | 東北関東大震災 | トラックバック(-) | コメント(14) |

いつか田代島に行きたいと思っていた者です。やっとねこたちの安否がわかって、今日から良く寝られそうです!!!毎日せかニャを見ています。いつも沢山の情報をありがとうございます。

2011.04.02 22:05 URL | いつか田代島 #uN3EaG/6 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.04.02 22:51  | # [ 編集 ]

ひとりめの子は、ほぼ間違いないと思います!
どうみても、ソックリですもんね!

ふたりめの子は、よくわかりませんが、
是非、是非、無事でいて欲しい!!!
絶対に会いたいです!(^^)

物資援助が出来る段階になりましたら
参加したいと思います!
そして、ニャン達に少しでも早く会えるよう
石巻含め、復興を支援したいです!

島民のご家族、親類の方々は、出来るだけ
お顔を見せに行ってあげて欲しいです!
高齢の方ほど、それで元気づけられると
思いますしね!(^^)

2011.04.03 00:06 URL | kaz@amigo #udg4x/Zk [ 編集 ]

田代島のことが心配でこちらにたどり着き、
1日何回も訪問していました。
お忙しい中、たくさんの情報を本当にありがとうございました。
優しく素敵な写真にも癒されております!
遠い離れておりますが、今自分に出来ることを考え、そして行動していくつもりです!

2011.04.03 08:37 URL | kansaiyori #- [ 編集 ]

小さな命の情報を探し求めて、
しぐさんのブログを見つけて
どんなにうれしかったでしょう。
毎日欠かさず何度も何度も確認して、
心優しい報告に癒されていました。
今日はこれまでで一番嬉しかったです。
同じように、石巻や網地島で
平和な時を過ごしていた、
瞳のきれいな子たちも無事であることを、
切に願っています。

2011.04.03 13:40 URL | mari #j2KS4BfU [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.04.03 19:02  | # [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.04.05 15:11  | # [ 編集 ]

>いつか田代島さん
こちらこそ、ねこたちの安否を気にしてくださりありがとうございます。
いつの日か、田代島を訪れねこたちの姿にほくそ笑んでください。

>鍵コメさん
ありがとうございます。
自分も気持ちははやりますが、今は人的支援も物資も、島内で完結できているので大丈夫、とおっしゃられている

以上、勝手な行動はお互いのためになりません。
望まれた範囲内で、自分のできることを。島を想う気持ちを、ずっと忘れずにいてください。それだけでも支援に

なります。

>kaz@amigoさん
ふたりめの子、この小さな後姿でよく判断できたと自分でも思いますが(笑、ほんと愛くるしい子なので。
番屋のみなさんに良くしてもらっていたことがよくわかります。
田代島に住む島民の方たちには、もし今後また島が孤立したときに、島民以外の人のケアまで行き届かない、巻き

込みたくないとの想いがあります。
親類の方であってもこれは同様と思われます。
しかし顔を見せることによって心のケアにはなるはずですし、、難しいところですね。
テレビ電話なんかができればまた別なんでしょうけど。

>kansaiyoriさん
ありがとうございます。
ほんと、日本中世界中から暖かい支援の数々、別に被災者ではない当方としてもありがたい限りで涙が出ます。
伝えたいことはたくさんありますが、入ってくる情報量が多くなるにつれて当方の処理能力は限界を超え(笑。
今や全ての情報をとりまとめることはできず、重要なことだけ抜粋して紹介させていただいております。
今後も各媒体での情報注視と、復興に向けてのお力添えを、無理されない程度でお願いいたします。

>mariさん
自分もこの知らせが、「島や島民が無事であったこと」と同等レベルで嬉しかったです。
網地島にもねこ好きの方はたくさんいらっしゃり、きっと大丈夫だと信じております。
また島へ渡り、いとおしき命たちの姿を写真におさめるその日を心待ちにしております。
その際にはまた、こちらにて紹介いたしますゆえ、ご期待ください。

>鍵コメさん
ご配慮いただきありがとうございます。
別途メール申し上げました。
ありがとうございます。

>鍵コメさん
ありがとうございます。
一名の方が依然行方不明。そして全ての無事を確認できていないねこたち。まだまだ心配ではございますが、津波

の直撃を受けた番屋の周辺のねこたちが一部無事であることを確認し、希望が広がりました。
すみません、転載よりも、できればリンクおよび引用という形でお願いしたいのですが。。
それと画像の転載も、できればご遠慮願えませんでしょうか。。

2011.04.06 16:55 URL | しぐ #- [ 編集 ]

田代島の猫達が心配で調べてたらたどり着きました><

猫達が無事で一安心した中・・・
今回の震災で被災された現状も把握するにつれ心が痛みます・・・

猫達で癒されて元気になってもらえたらと思います♪

2011.04.07 18:32 URL | 十六夜 #- [ 編集 ]

>十六夜さん
田代島にとって、ねこたちの姿は「日常」そのもの。
そのねこたちがいち早く日常に戻ることにより、島民の方々に「余裕」が生まれるといった影響があるかもしれません。
ねこたちと共に、島と島をとりまく環境が早く日常に戻りますように。。

2011.04.10 01:59 URL | しぐ #- [ 編集 ]

猫も一匹でも犠牲にならずに済んで欲しい・・・・
猫は地震などのとき人間よりも危険を感知できるんでしょうか・・・
本震のとき(震度5弱)うちの猫は爆睡していて、全く動じる様子が無かったもんなぁ・・・

2011.05.30 01:56 URL | もんた #Gr.ijaFg [ 編集 ]

>もんたさん
田代島では、逃げる人をねこが追い越していったようです。
危険は察知できるはずなのですが、逃げる先が袋小路だと逃げ場がなくて・・というところが心配どころです。
うちのねこどもも、危機管理意識はゼロです。外では生きてゆけませんね。。

2011.07.02 00:05 URL | しぐ #- [ 編集 ]

私も去年家族で、田代島の猫達に会いに
行きました。今回の地震で、田代島の猫の
事が心配になりました。又田代島の猫達に
会いに行きたいと思います。それと又、田代島の猫達と
たわむれたいと思います。

2011.08.09 15:18 URL | 常松菜穂子 #- [ 編集 ]

常松菜穂子さん
インフラは完全に復旧しているわけではありませんが、石巻も田代島も網地島も元気です。
また訪れてくださいね。
できれば連休とかではなく、なんでもない平日のほうがねこたちに踏まれたり殴られたりと戯れ独占できますよ!

2012.04.12 17:21 URL | しぐ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。