情報商材+動画


 ケンシロウ(猫:♂)となでこ(猫:♀)とあまぐり(猫:♂)が、ヒトをあやつって更新さすニャーなBlog。
                                        (旧名「世界はニャーでできている。」)

 せかニャ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
※リンクしてくださる方。当Blogはリンクフリーです。
地震情報をリンクの際には、こちらにリンクして頂ければ、スコープが地震関連のみに限定されるので良いと思います。
カテゴリ:東北関東大震災 http://syggnya.blog26.fc2.com/blog-category-19.html

※情報をご覧になる方へ※
一度公開した情報も、後日訂正が入ることがあります。過去記事においてそれを修正することはありませんので、必ず最新情報をご確認いただけますよう、よろしくお願いいたします。



※2011/3/21 AM0:30 追記:


[田代島 / 網地島関連]

「自衛隊移動衛生班」が、田代島および網地島にて医療活動を展開している模様です。

自衛隊移動衛生班が活躍 ヘリで離島でも医療 - MSN産経ニュース

(引用します)
東日本大震災で、離島などにヘリコプターで出向いて医療活動をする自衛隊の「移動衛生班」が20日、宮城県石巻市の離島、網地島(あじしま)を訪れ、白内障の女性ら2人を診察した。
震災の際に活動する同班は、医師免許を持つ「医官」や看護師の資格を持つ「衛生員」らで構成。風邪などの軽症者や慢性疾患の患者を診察するほか、医薬品や水などの物資を提供する。
震災後、18日に石巻市の田代島(たしろじま)に上陸して離島での活動を開始。孤立地域にとって頼もしい存在で、自治体の要請に基づき活動範囲を広げていく予定。
海上自衛隊呉衛生隊の医官、田口万蔵2等海尉(28)は「何かあったらすぐに駆け付けるので、離島の方も安心してほしい」と話した。

(引用おわり)

3/18に田代島へ上陸。3/20に網地島へ上陸したようです。
特に常駐医師もおらず、小さな診療所しかない田代島において、医療の問題は懸念されていました。
しっかりフォローしてくれていたんですね。安心しました。


[田代島関連]

防衛省・自衛隊サイトによると、海上自衛隊により物資が届けられた模様です。

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震自衛隊の活動状況(16:00現在)

「3/19 12:46「あぶくま」が田代島の被災者に、ガソリン20L,水ポリタンク10個分(180L)、トイレットペーパー4箱(384ロール)、米200kg、軽油54Lなどを提供」とあります。
ガソリンや軽油といった燃料の補給は嬉しいですね。
水の煮沸に必要なプロパンガスはここに入っていませんが、「など」に入っていることを期待します。

また、航空自衛隊により、医療チーム9名を松島へ空輸、ともあります。
ある程度の活動を終えた「自衛隊移動衛生班」が、一旦島から離れたということでしょうか。
「いつでも駆けつける」という言葉が頼もしいです。




[田代島関連]

マリンライフ 日下さんのBlogにて、田代島の状況が綴られています。

田代島民宿「マリンライフ」、・海鮮居酒屋「田代番屋」島オヤジ日記 - 田代島  情報

以下のとおりです。

亡くなった方:1名行方不明者:1名※状況的に、いまだ行方不明のまま安否は確認できていないものと考えます
・浸水の水位:海抜約5~6m
・田代島開発センター(仁斗田)1階が浸水
・建物の被害は軽微
・岸壁の破損。2~3日中に災害復旧調査船が派遣される予定
・GPSによると、60数センチの高低差(地盤沈下?)
・2~3名病人がいたが、ヘリにて搬送された
・本土石巻よりは恵まれているので安心してください


とのこと。

地震直後に4名が海の様子を見にいったところで津波に巻き込まれました。
4名のうち3名は自力で網地島へたどり着く。
網小医院で治療後田代島へ戻る。現在3名は元気であるとのこと。
亡くなったのは現在行方不明なのは、その残る1名であると思われます。
(「にゃんこTHEムービー」シリーズ製作者の松本さんから情報と、網地島 網小医院で栄養士をされている方のTweetによる情報を混合して情報元としました)

仁斗田番屋付近のねこに関する情報もちらっとありますが、いまいちソースが不明なため、こちらでは掲載しないこととします。
信じたい、という気持ちもあります。すみません。


[網地島関連]

本日3/20昼、12:30少し前頃に、NHKで網地島の映像が流されたそうです。
避難所に自衛隊からの物資が到着し、バケツリレー方式で運んでいるという内容。
「厳しいけれど、みんなで力をあわせてがんばっています」という、看護師さん?の言葉もあった模様です。


網地島は、牡鹿総合支所とトランシーバーでつながっている模様。
携帯電話はまだ電波が不安定。
電気・水道・電話はいまだ復旧なしということです。
Twitter:網地島 網小医院で栄養士をされている方のTwwetより


網地島 網地地区の船着場近辺の家に、一部津波被害があるとのことです。
Google Earthでみると建物自体は残存、もしくは半壊程度なのかな、と見受けられますが・・。
(当Blogコメント欄にて、島民ご家族の方より情報いただきました。網地島で被災し石巻へ渡ってきた方より聞いた話とのこと。ありがとうございました)


[その他関連]

網地島ラインの就航船「ブルーライナー」「マーメイド」が、現在石巻漁港に係留されているとのことです。
船体は無事であるようです。
(mixi網地島コミュ:「めがねZ」さんによる情報。以下画像の掲載許諾もいただきました。ありがとうございます)
995228451_216.jpg

船が無事ということは、それだけ早期な就航ラインの復旧が期待できますね。



110320-001.jpg
撮影:2011/1/8 田代島


110320-002.jpg
撮影:2011/1/9 網地島


110320-003.jpg
撮影:2011/1/10 石巻


あの場所で

いまも

これからも

きっと

ずっと


2011.03.20 19:47 | 東北関東大震災 | トラックバック(-) | コメント(4) |

おはようございます!
しぐ様 詳細ありがとうございます…そうですか 浸水海抜5~6m…港 番屋の猫さんたちの無事を祈りましょう!!そして信じましょう!!
ブルーライナーとマーメイド助かりましたねっ!よしっ!島に渡れる手段は確保できましたね!
昨日のニュースで石巻市門脇でお婆ちゃんとお孫さんが救出されたことを知りました…あの場所はまさしく石巻港に向かう道近くです 思わず画面に釘付けでした でも良かった 本当に良かった

2011.03.21 08:35 URL | ふのり #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.03.21 08:55  | # [ 編集 ]

情報 すみません。

2011.03.21 16:09 URL | じゃじゃまる #- [ 編集 ]

>ふのりさん
船舶が無事ということは、あとは受け入れ側である島の港周辺の安全が確認されれば、理論上は上陸可能となりますね。
ただ航行を運営していた網地島ラインがどうなっているのか、どうなるのかわからないので、一般人による渡島はまだ当分難しいのではないかと想像します。
石巻門脇での生存者確認は、希望の持てるニュースでした。
網地島ライン発着所よりちょっと上流のところでしたね。
たまたま観ていたテレビで、低空からの映像に網地島ライン発着所の建物を確認しました。
小さく映っただけなので損壊具合はわかりませんが、全壊は免れていた模様でした。

>鍵コメさん
あのNPO法人は、確かマリンライフの方含むヨット仲間が運営していた気がします。(内閣府のDBで調べたところ、代表者名は違いましたが)
本日NPOに連絡があった際に電話を受けたのもマリンライフの方のようですし。。
http://plaza.rakuten.co.jp/marinew/
Blogのほうではああ書かれていますし、色々な状況を鑑みた結果、その情報の信憑性は薄いのではないかと考えます。
ただ「島のねこは無事」という情報は、「島へ救いに行こう」と決意させるものでもあるので、良い情報だったのかもしれませんね。

>じゃじゃまるさん
いえいえ。

2011.03.21 21:30 URL | しぐ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。