情報商材+動画


 ケンシロウ(猫:♂)となでこ(猫:♀)とあまぐり(猫:♂)が、ヒトをあやつって更新さすニャーなBlog。
                                        (旧名「世界はニャーでできている。」)

 せかニャ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
※リンクしてくださる方。当Blogはリンクフリーです。
地震情報をリンクの際には、こちらにリンクして頂ければ、スコープが地震関連のみに限定されるので良いと思います。
カテゴリ:東北関東大震災 http://syggnya.blog26.fc2.com/blog-category-19.html

※情報をご覧になる方へ※
一度公開した情報も、後日訂正が入ることがあります。過去記事においてそれを修正することはありませんので、必ず最新情報をご確認いただけますよう、よろしくお願いいたします。



※2011/3/17 23:55 追記:

貴重で重要な情報も入ってきています。
順を追ってご紹介申し上げます。


[田代島 / 網地島関連]

Googleが、被災後の衛星写真を公開しています。
田代島や網地島含む写真は、こちらから確認することができます。拡大縮小など自由にできます。
(Google Earthテクノロジを使用しているようで、PC環境やブラウザによっては、閲覧が難しかったりプラグイン等のインストールが必要となる場合があります)

Google Maps(田代島/網地島を含む被災後衛星写真)

また、上記写真を使って、それぞれの島・それぞれの地域の「被災前→被災後」写真を比較するGIFアニメーションをつくってみました。
製作中の失敗により、若干位置がズレてしまっているなど不具合もあり、画像の荒さや雲がかかっていることによる見づらさはあるかと思いますが、その辺りは各自の脳補正によりご覧下さい。我慢ならない場合はご自身でGoogle Mapをご覧下さい。(容量の都合で別Blog記事にアップしてあります)

■田代島
田代島全景   被災前→被災後
田代島大泊港  被災前→被災後
田代島仁斗田港 被災前→被災後

■網地島
網地島全景   被災前→被災後
網地島網地港  被災前→被災後
網地島長渡港  被災前→被災後


総務省のページに「田代島、網地島(含む計5地区)について、3/16 22:53時点で孤立解消」との記載がありました。

消防庁災害対策本部 - 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震(第53報)(PDF)

ここで言う「孤立解消」の定義はよくわかりませんが、行政がしっかりとその存在を確認しているという証でしょう。


asahi.com」にて「水産庁の取締船2隻、宮城・岩手に初の陸揚げ 物資輸送」という記事がアップされ、田代島と網地島への物資輸送検討について記載があります。

※以下一部引用
水産庁は17日、被災地向けの食料・軽油などの支援物資を載せて東京・有明埠頭(ふとう)を出港した漁業取締船2隻が、宮城県石巻市沖と岩手県釜石市に到着したと発表した。ガソリン不足や交通網の寸断などから陸送が難航しているため、水産庁は14日から海路での輸送を開始。これが初の陸揚げとなる。
早朝に石巻市沖に到着した白竜丸は、小型艇に粉ミルクやおかゆ、カップスープ、軽油などの物資を積み替え、石巻市表浜地区で陸揚げして沿岸の集落に運ぶ予定。網地島や田代島など近くの離島にも届けることを検討している。

※以上引用終わり



[田代島関連]

島内の現状と、被災状況に関する重要な情報が入っております。
当Blogコメント欄にも度々書き込みいただき、情報を提供いただいている、「にゃんこTHEムービー」シリーズ製作者の松本武さんが、「漁師民宿はま屋」ご主人の濱さんほか島民関係者の方と電話で直接話した内容を提供してくださいました。
以下に箇条書きしてゆきます。

・仁斗田の牡蠣小屋が流された。
・濱さんが新居としてリフォームをすすめていた、大泊の海辺の家が流された。
・大泊において、水は「はま屋」前のスロープまで来た。
・ねこたちの安否について。いわゆる「街」や「山」を縄張りとするねこたちは無事を確認している。「港」や「番屋」を縄張りとするねこたちの安否は不明。
・濱さんのところの「鮪吉(つなよし)」さん、「鰹信(けんしん)」さん両ねこは、濱さんと一緒にいて無事。


初めて深刻な被災状況が入ってまいりました。
仁斗田港近くにある牡蠣小屋が流された模様です。
これまでの露出した情報によると、被災状況は軽微であると思っていましたが、建物がひとつ流されてしまったという事態、そんなに甘い状況ではなかったであろうことが読み取れます。
また、濱さんの新居は、はま屋を民宿専用の家屋にし新たに居住する場にしようとリフォームをすすめていた姿を知っておりますので、その落胆ぶりたるや想像に難くありません。
津波がそこまで大きかったのであると、やはり心配なのは「港」「番屋」のねこたちの安否ですが・・こちらはまだ、とれていないとのこと。・・・信じましょう。信じるしかありません。
「街」「山」のねこたちの安否は確認ができている模様です。「田代島」の、島民の皆さんのことです。ねこたちにも気を配ってくれているはずです。
・・・信じて。
信じて、信じて、信じましょう。。

また以前に「島には食料が3か月分ある」という情報を頂きましたが、これは「きりつめればこれくらいはもつだろう」という、個人的観測であったことがわかりました。
ここでぱたっと長期間物資が届かない状況になってしまうと、やはり厳しいことには変わりはない模様です。


島民の方はほとんどが自宅で過ごしている模様。一部マンガランドで過ごす人もいるとの情報があります。
観光客の方も6名、マンガランドで過ごしているようです。・・・6名??(未確定情報)
(mixi田代島コミュ:島民関係者の方より)

徐々に日常が戻りつつあるということでしょう。
観光客の数は3名かと思っていましたが・・総勢6名のようです。(未確定情報)


[網地島関連]

前にもご紹介申し上げた、網小医院で栄養士をされている太田さんが、島内より自身のTwitterで情報を発信されています。

Twitter - asahi ohta

抜粋させていただくと
・「ペンション晴耕雨読」オーナーの方とおかみさんがヘリで網地島入り。支援に加わる。
・とちの木病院早乙女理事長が、看護師2名引き連れ支援をすべく網地島へ向かっている。

などなど、現地発信の情報が色々あります。
また田代島から流れてきた3名が無事回復し、田代島へ戻られたとの情報もありますね。

太田さんとしては、(色々な意味で)余裕があるときにはできる限り問い合わせに答えたいとおっしゃっています。
しかしだからと言って許容量を超えてしまうと色んな弊害がでますので、問い合わせる際にはどうか必要最低限のことを。ご配慮お願いいたします。


島内には井戸があり、水には困っていないこと。発電機もあり、少量の電気はつくれるとのこと(ガソリン駆動なので限界はある)。という情報もあります。
(mixi網地島コミュ:島内関係者さまの書き込みより)




# すみません、ちょっと今ヘヴィに多忙で余裕なくてコメント返せません。
# 情報提供、および書き込みありがとうございます。余裕ができたらレス返しますね。


※田代島および網地島のことを想ってくださっている方へお願い※

これまで安否を確認し続け、どちらの島にもさほど被害がなく、島民の方の安否も大まかに掴めてきている状態です。
しかし個人の安否は、やはり直接確認しないと不安はおさまらないもの。
島とを結ぶ通信手段が携帯の通話かメールのみしかない現状、それらに頼ろうとすることは摂理であるとは思います。
でも島で避難生活を強いられている人の身になったらどうでしょうか。

想像してみてください。
電波が微弱で、運がよければまれに電波がよくなる瞬間がある程度のレベル。
早速自分の想うことをしようと携帯を操作し始めると、鬼のようなメール受信。
電波が不安定なのでなかなか受信ができず、その間は操作ができない。
自分の思うとおりに携帯を使うことが叶わないまま、そしてメールの受信が完了しないまま、そのまま電波はまた圏外へ。もしくは携帯の電源が尽きてしまうことも考えられます。

安否が気になるのは十分理解できるし、当然のことだとは思いますが、「島民は無事」ということがほぼ確実となっている今、そろそろここは島の人たちを信じて待ってみてはいかがでしょうか。
双方歯がゆい気持ちは同じと思います。しかし大変な思いをしているのは間違いなく島の人たちです。
余裕があったら連絡は来ます。連絡が来ないということは、それなりののっぴきならない理由があるからではないでしょうか。

これは田代島/網地島に限ることではなく、被災地域全般で言えることです。
場合によっては、もっと深刻なことを引き起こすかもしれない。命の芽を摘むことになってしまいかねない、非常に危険な行為であることを、想像力をもってどうかご配慮いただけないでしょうか。
どうかご一考ください。よろしくお願いいたします。


110317-001.jpg
撮影:2011/1/8 田代島


110317-002.jpg
撮影:2011/1/9 網地島


110317-003.jpg
撮影:2011/1/10 石巻


まってるよ。
無事の知らせを。
まっててね。
会いにゆくから。
いとおしき命たちが、みんな無事でありますように。。


2011.03.17 05:04 | 東北関東大震災 | トラックバック(-) | コメント(4) |

しぐ様おはようございます!しぐ様はじめたくさんの皆様もお忙しい中たくさんの情報ありがとうございます…体調くずさないようにしてください
みんな元気な笑顔で島のみなさんに会いにいかなくちゃね(^^)/ 阿部ツ商店のエメラルドグリーンの階段で温かい缶コーヒー飲んで猫たちに遊んでもらわなきゃ!!たしかに島のみなさんの無事な声を聞きたい気持ちはわかるけれどここはグッとガマンして
ふのりは信仰心はないけれど『祈ろう』と思います
そしてふのりに出来る協力をしていくつもりです!
たくさんの可愛い猫たちによく頑張ったね よく耐えたねと頭や背中をなでてあげられる日を待っています

2011.03.17 08:37 URL | ふのり #- [ 編集 ]

にゃんこ THE MOVIEの松本と申します。
せかニャ!をご覧の皆さまに田代島の情報を訂正させて頂きます。
先日、私が「島には3カ月分の食料あり」と書きましたが、誤りでした。
個人の備蓄と救援物資が届き、当面の心配はないが、
外からの補給が途絶えれば逼迫した状況になることは
間違いとないということです。

楽観視したわけではなく、皆さんに少しでも安心していただければと思い
コメントしましたが、私の早とちりでした。
訂正しお詫び致します。大変申し訳ありませんでした。

厳しい状況の中で、皆さん精一杯生きていらっしゃいます。
一日も早く島の皆さんが安心して暮らせるよう、
またあの美しい田代島にわたれる日まで、
島の方たちにお会い出来る日まで、
出来る限りのお手伝いをしていきたいと思っております。
島民の皆さんにご迷惑がかからない状況になったなら、
私はカメラを持ち必ず島に参ります。
そして島の皆さんが、被災された皆さんが、
全国の皆さんが笑顔になれる作品を作ります。

しぐさま
混乱させてしまい大変申し訳ありません。
お手数をおかけしますが、訂正の程よろしくお願い致します。



2011.03.17 12:46 URL | 松本武 #THjoNNnk [ 編集 ]

あじ島で80人救助されたという情報ですが、誤りで正確には16人。それも島外部の工事会社の人間だったそうです。港で堤防の工事をしていた記憶があるのでその人たちだったと思います。
情報源はヘリに乗った人から連絡で聞きました。

2011.03.18 00:46 URL | noname #- [ 編集 ]

>ふのりさん
さすがに平日はきついですね・・コメ返しなど滞ってしまいました。
往復7時間とか9時間の通勤って一体・・と、理不尽なウイークデーでした。。
街のねこたちは無事とのことなので、まずは阿部ツさん前のクロ軍団は期待できそうですね。
自分も無信仰でしたが、毎年豪徳寺には初詣、田代を訪れた際には必ず猫神社へ赴いております。
「島のねこたちを守ってください」と祈り続けた効果が、ここで現れてくれれば良いのですが・・・。

>松本武さん
毎度情報ありがとうございます。
島の方たちからの情報も、心配させたくないという心遣いから、多少「盛った」話であるのかもしれません。
想像するしかない現状、心苦しい限りですが、ほんと早期の復旧を望みます。。
発見された網地島ラインの船舶自体は使えるのかどうかわかりませんが、仙石線よりは復旧早いと想像します。
また田代のねこたちを、やさしい目線でとらえた映像を期待しております。

>匿名さん
情報ありがとうございます。ANNの情報はガセだったか・・。
網地島における避難人数は203名と、宮城県のページで発表されていますね。
全く数があわないのですが、80名というのはどこから出た数字なんでしょうかね。。

2011.03.19 19:09 URL | しぐ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。