情報商材+動画


 ケンシロウ(猫:♂)となでこ(猫:♀)とあまぐり(猫:♂)が、ヒトをあやつって更新さすニャーなBlog。
                                        (旧名「世界はニャーでできている。」)

 せかニャ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
※リンクしてくださる方。当Blogはリンクフリーです。
地震情報をリンクの際には、こちらにリンクして頂ければ、スコープが地震関連のみに限定されるので良いと思います。
カテゴリ:東北関東大震災 http://syggnya.blog26.fc2.com/blog-category-19.html

※情報をご覧になる方へ※
一度公開した情報も、後日訂正が入ることがあります。過去記事においてそれを修正することはありませんので、必ず最新情報をご確認いただけますよう、よろしくお願いいたします。



島は、徐々に、しかし着実に。復興へ向けて歩を進めています。
近々具体的なことが公開される予定のようです。引き続き注視していてくださいませ。

さて、人もねこも、生きてゆく上で欠かせないことのひとつに「食」があります。
震災前、田代島のねこたちは、港界隈では漁のおこぼれをもらったり、ねこたちのための味付けなし卵チャーハンが振舞われたりしていましたが、津波による漁具等の流出や、地盤沈下による港の機能不全などにより漁ができない状態。
食料も不足はしていないが、やはり人間が食べることで精一杯な状況。
そんな中、一体ねこたちはどのように食料を確保しているのかという疑問が発生するのは、皆さん当然のことと思います。

本日、こんな記事がWEBに掲載されました。

東日本大震災:猫80匹たくましく 宮城・石巻の田代島 - 毎日.JP

この記事を単純にみると、ねこたちが飢えているような印象をもたれるかもしれません。
「いますぐ島へフードを送らなきゃ!」と思ってしまうかもしれません。
しかし、現状は違います。
詳しいことは申し上げられませんが、田代島のねこたちには、品質の良いフードが定期的に届いています。
十分な量の食糧が支援されるルートが確立されています。ご心配なく!

勿論、今までのような「新鮮な魚を毎日」というベストな状況とはいきませんが、これまでも漁が休みのときや不漁のときなどは、魚の代替として(廉価な)ドライフードが与えられていました。

前々からしつこく申し上げておりますが、島における受け入れ態勢が整わないうちに、勝手に送りつけるという行為は迷惑となります。
ねこたちは現状、飢えてはいませんし、これからも飢えません。
もし状況が変わったら、その時は情報が発信されるでしょう。
無駄に不安を煽られることもあるかもしれませんが、どうか早まった行動は謹んでいただきますよう、ご配慮のほどよろしくお願い申し上げます。

110527-001.jpg
撮影:2008/5/22

110527-002.jpg
撮影:2008/5/23

110527-003.jpg
撮影:2008/5/23


スポンサーサイト
2011.05.27 23:31 | 東北関東大震災 | トラックバック(-) | コメント(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。