情報商材+動画


 ケンシロウ(猫:♂)となでこ(猫:♀)とあまぐり(猫:♂)が、ヒトをあやつって更新さすニャーなBlog。
                                        (旧名「世界はニャーでできている。」)

 せかニャ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

※画像(ケンシロウ)は、今回の記事内容とは全く関係ありません


昨日2010.5.25よりはじまりました、4色の猫写真展。
仕事終わりに渋谷まで駆けつけ(途中に寝ていたねこを観てニヤニヤしつつ)、18時過ぎに到着。
19時過ぎよりオープニングパーティーが開催されるということで、展示内容を駆け足で拝見しました。

時間が、全然、足りません。

ほんの一時間少々で消化できるほど、ここの写真たちは単純ではありませんでした。
じっくりと腰をすえて向き合い、語らいでゆきたいねこたちの姿がそこにはありました。
(あくまで個人的な感想です)

「4色の猫」というタイトル通り、4名それぞれの「ねこ写真」。それぞれが独自の色彩を描いていました。
住吉さんの、街・草原・海岸様々な場所で生きる、鮮やかな色のねこ写真。
曽根原さんの、比較的ハイキーな仕上がりで描かれる、平和な牧場のねこ写真。
巣山さんの、モノクロームにモノローグを織り交ぜた、物語のようなねこ写真。
池口さんの、繁華街における人とねことのドキュメンタリーな関係性を見るねこ写真・・・だけではなく、今回は地元九州で撮影された写真もあり。
プリント手法も4名それぞれの作品に馴染むように選ばれた異なるものであり、「セミグロスペーパー(?)×顔料インク」「光沢用紙×顔料インク」「バライタ調プリント(?)に木製フレーム直打ち×顔料インク」「光沢用紙×染料インク」と、おのおのが個性を発揮されていました。
池口さん以外の方のプリント展示を拝見するのは始めてでしたが、やはり根っこがしっかりしている方の写真は揺るがないんだなあと感じました。とても魅力的です。
当方予定もあり、会期中に再び訪れることができるかどうか、正直微妙な状況なのですが、できうる限り予定を整理して可能な限りの回数、足を運びたいと思います。

会場ではポストカードやA4プリント、そして写真集「4色の猫」が販売されています。
入場は勿論無料ですので、是非是非みなさまご都合つけて、足をお運びください。
2010.5.30(日)までの計6日間です。
6日間しかないですよ!
もう2日過ぎてますから、あと4日間しかないんですよ!
※最終日の2010.5.30(日)は、17:00終了なのでご注意ください


↓以下、写真展案内コピペ
-----


「4色の猫」 猫と僕らと、そして写真と
会  期 … 5月25日(火)~ 5月30日(日)
時  間 … 11:00 ~ 19:00 (最終日は17:00まで)
出品作家 … 池口正和/巣山悟/住吉英昭/曽根原昇
HP … 展覧会 blog

会場は、渋谷 Gallery LE DECO 5F です。
渋谷駅東口を出て明治通りを恵比寿方面に徒歩5分。渋谷駅新南口からは徒歩1分。
明治通り沿い右手、明治通りを挟んで真向いがスターバックスコーヒー。

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-16-3 ルデコビル
TEL:03‐5485‐5188
FAX:03‐5485‐5199


スポンサーサイト
2010.05.26 22:17 | 無属性 | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。