情報商材+動画


 ケンシロウ(猫:♂)となでこ(猫:♀)とあまぐり(猫:♂)が、ヒトをあやつって更新さすニャーなBlog。
                                        (旧名「世界はニャーでできている。」)

 せかニャ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


さてさて、今回の第一回田代島ねこめぐりツアーにてお世話になったのは、漁師民宿 はま屋さんです。
そもそも今回のツアーは、昨年おこなわれた田代島にゃんフォトコンテストにおいて、当方が応募した作品の中の「突撃」「金猫賞」に選んでいただいた事でした。
その副賞として頂いた田代島の民宿ペア宿泊券を、田代島の良さを知って頂くために使いたいと思い、無料宿泊券を抽選で提供しようと思った訳です。
この宿泊券の宿泊先が、このはま屋さんでした。



玄関を通るとまず、掘りごたつっぽい形の囲炉裏が出迎えてくれます。
照明も白熱灯色で、とても雰囲気があります。ステキです。



燃える炭をじーっと見ているだけでも飽きません。



奥の棚には、ねこグッズがたくさんです。



たれ耳ジャックがデザインされたラベルの芋焼酎もありました。これは2,500円で販売しています。
当方酒は全く呑めませんが、置物として手に入れましたよ。



風呂場も広い!湯船は足をのばして入ることができて、開放感を満喫できます。



木造の雰囲気ある屋内は、良い感じにリフォームされています。



さて、牡蠣づくしの夕食です。本当、ねこ以外の写真はどうやって撮ったらいいのかわかりません!
この写真たちでは魅力半減だとは思いますが、どうぞご覧下さい!



牡蠣をソテーしたものに、熱したごま油をかけたもの。超うまかったです。
本当は3つあったのですが、2つ食った後に慌てて撮りました。



サービスです、と言って出してくださった生牡蠣。ほんとでかいですよ!



こちらは蒸し牡蠣。ひとり2個?か3個?か。
こちらもでかい。貝柱をひっぺがすのに夢中でした(笑。



牡蠣のポン酢和え。これもうめえ!



牡蠣飯。これ初めて食べたんですけど、やっぱりすごくうまい!
腹のキャパが許せばもっと食べたかった!



牡蠣と豆腐のお吸い物。これでもかと牡蠣が投入されています。
ほんとこの夜だけで、いくつの牡蠣を食べたんだろう・・

そして一同大感激したのが、牡蠣の天ぷら。
生でも食べられる牡蠣だから、そんなに火を通す必要がなく、外はカリッと中はふんわりジューシーな一品でした。
うますぎて、写真撮るの忘れてました・・・。
天つゆで食べましたが、塩でも美味しかったとおもいます。

・・あともう1品くらい牡蠣料理があった気がしますが・・思い出せません。
全部で7~8種類の牡蠣料理。本当にもう、向こう2年分くらいの牡蠣をたらふくいただきました。

今回いただいた牡蠣は今シーズン最終版。ゆえに、一番長く成長を妨げられずに海の中にいた個体たちばかり。
だからだから、それぞれがとんでもなくでっかいのです。
これらの絶品牡蠣料理は、この島の牡蠣だからこそ成り立つものなのです。



牡蠣の他にも、この茶碗蒸し(イクラとしめじとアワビ)。
刺身盛りは、これだけで1.5人前はあろうかという、水ダコ・アワビ・なんとか貝などなど。
魚の煮付けや、肝醤油をつけていただく酒蒸しアワビ。タコのマリネ。
・・・こんなところでしょうか。
いや、こんなところと言っても、どんだけ大量なんだと思いますが。5人前以上はありそうな勢いです。。
とても食べ切れませんでしたので、翌朝までとっておいていただきました。
それでも食べきれない場合は、その料理にもよりますが、お持ち帰りもOKだそうです。



そしてこちらは翌朝の朝食。
一夜干しした鮭。なんかアラスカ産だとかの鮭とこの鮭、全然違う魚のように感じます。
超うまい。
ひじきの煮物も、イカの塩辛(大根おろし和え)、ウニの何か、浅漬けも、ふのりの味噌汁も、白飯でさえも、とっっっっっっても美味しかった!
ダメなグルメリポーターみたいな感想しか言えませんが、本当にうまかったです。



民宿内には物販コーナーもあります。
先に紹介した芋焼酎や塩、ふのりなどが売られています。
滞在期間内は、ミネラルウォーターやお茶(うまい!)、コーヒー紅茶がセルフサービスで飲み放題。
気を使わずに済むのでありがたいです。



更にこちらは昼食に注文したおにぎり。一個100円です。
梅・鮭・ツナマヨの3種類があり、こちらもおいしかった!
ただ冷たい風にさらしながら食べると、あっという間におにぎりが冷たくなるので注意です。。



玄関にあったねこ石。ご主人の濱さん作だそうです。
なんだか不思議な作品です。



はま屋さんでは、(他に利用者がいなければですが)車を貸して頂けました。
ねこ地帯である仁斗田集落までは、歩くと勾配の激しい道を2~30分かかりますが、車なら楽々です。
もっとも、歩くとかなり体力つきますので、日頃運動不足の方はこちらの方が良いかもです。


また近いうちに訪れたいです。田代島。
近いうちにまた、田代島ねこめぐりツアー、企画いたします。
牡蠣のシーズンは終わってしまいましたが、季節毎に旬の食材がめいっぱい出てきます。
刺身盛りのデフォルト値は5人前だそうで(笑。

田代島には花粉が飛んできません。
外でねこまみれになりたい花粉症の方、この季節からの田代島はお薦めです。

3/15(日)には、にゃんこTHEムービー3の試写会が開催されるそうですし、時期は未定ですが、犬猫写真家として有名な新美敬子さんによる、ねこ撮影術講習会なるものも開催が予定されています。
是非に是非に!みなさま訪れてください!
そして旅立ちの際には、いちおう酔い止め薬を常備するようにしましょう!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。